湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎の変色に対してどんな治療法があるの?

歯茎の変色にはホワイトニングやオールセラミックなどの治療法があります


歯茎が変色した時、メラニン色素が原因ならホワイトニング治療が有効です。

ピーリング効果のある薬剤を塗ることで、1週間ほどで、新しい歯肉が再生します。

そのため歯茎の変色を改善することができるのです。

メラニン色素が発生する原因に、たばこや歯磨きで歯茎を刺激しすぎることが挙げられます。

もう一方、金属の被せ物などを使っている場合、金属イオンの影響で歯茎が黒ずむようです。

この場合は、金属の被せ物などをオールセラミックに変更すると良いでしょう。

天然の歯と同じような透明度で、歯並びの改善にも役立ちます。

歯茎の色を治療したいならホワイトニングがあります

歯茎が変色した時の治療方法として、ホワイトニングがあります。

ホワイトニングと言えば、歯をイメージする人も多いかもしれませんが、実は歯茎を対象にしたものもあるのです。

歯茎のホワイトニングを行うことで、黒ずみなどの変色を改善することができます。

治療方法は特に難しいものでもありません。

歯茎に対し、ピーリング効果がある特殊な薬剤を塗るだけです。

その際、白い膜ができ、1週間ほど経過すると剥がれ落ちます。

そうすると新しい歯肉が再生されており、変色を改善することができるという仕組みです。

口を開けた時、歯は真っ白だとしても、歯茎が黒っぽい、あるいは赤紫などでしたら、審美性という面で問題が出て来るでしょう。

歯のホワイトニングを行っても、歯茎が綺麗でなければ、全体的なバランスが悪くなってしまいます。

より美しい口元にするためには、歯茎のホワイトニングも行って損はありません。

少し刺激がありヒリヒリすることもありますが、麻酔が使われるので安心です。

色素沈着による歯茎の変色は、まずホワイトニングを考えても良いでしょう。

歯茎の色が変わるのはメラニン色素が原因といえます


歯茎が黒ずんでしまう原因に、メラニン色素の影響があります。

メラニン色素と言えば、夏場の肌の日焼けを思い出される方も多いでしょう。

肌がこげ茶色になる現象ですが、これはメラニン色素が作られているからです。

太陽からの紫外線は有害ですが、人間の体はメラニン色素を生成して細胞を守ろうとします。

基本的にメラニン色素は、時間の経過と共に体の外へ出ていくのですが、何度も刺激があるとその働きが追いつかなくなり、色素が溜まって色素沈着につながるのです。

このようなメカニズムが歯茎にも働いています。

歯茎を刺激する代表的な物として、タバコのニコチンやタールが挙げられるでしょう。

他にも、歯磨きをする際、強く歯茎を磨きするという行為もメラニン色素の沈着につながるようです。

口呼吸をしていると口の中が乾燥しやすくなり、結果、それが刺激となってメラニン色素ができやすくなります。

歯のホワイトニングはこのようなメラニン色素による歯茎の変色に有効だと考えられています。

タバコが原因なら、禁煙などを行うことが予防法として有効でしょう。

しかし禁煙が難しい、今すぐにでも歯茎の変色を改善したいという方には、歯茎のホワイトニングは良い方法と言えます。

金属イオンが原因ならセラミッククラウンが有効です

歯茎の変色がメラニン色素ではなく、被せ物や詰め物が原因となっているなら、歯茎のホワイトニングは有効ではありません。

被せ物や詰め物、差し歯などに使われている金属によってできた変色の場合、金属を使用していないオールセラミックが治療法として有効です。

被せ物や詰め物に使われている金属の中でも、特に銀イオンが黒ずみの原因となります。

金属が溶け出して歯茎が変色する、あるいはメタルタトゥーと言って、被せ物などの金属片が歯肉に沈着することで黒ずみが生じると考えられています。

根本的な改善をしたいなら、オールセラミックのような、金属以外の素材を使った被せ物などに変える治療法が有効と言えるのです。

オールセラミックの良い所は、天然の歯と同様の色で、透明度が高い所でしょう。

歯並びの悪さを改善する場合にも役立ち、メリットは多いです。

しかし歯周病が原因による歯茎の炎症は、まず歯周病を改善しなければなりません。

歯周病はメタルタトゥーの原因にもなるだけではなく、歯が抜けるリスクもあります。

基本的にメラニン色素が原因のものはホワイトニング、金属の被せ物などが原因ならオールセラミックという治療法があるので検討してみてください。

(まとめ)歯茎の変色に対してどんな治療法があるの?

1.歯茎の変色にはホワイトニングやオールセラミックなどの治療法があります

歯茎の黒ずみはメラニン色素が原因です。

他にも金属の被せ物による金属イオンの影響によって黒ずむこともあります。

メラニン色素が原因ならホワイトニング、金属イオンならセラミッククラウンによる治療で改善が期待できるのです。

2.歯茎の色を治療したいならホワイトニングがあります

歯茎が変色した時の治療法としてホワイトニングがあります。

ピーリング効果のある薬剤を塗って新しい歯肉が再生し、変色を改善する方法です。

美しい口元にするためにも、歯茎のホワイトニング治療は有効と言えます。

3.歯茎の色が変わるのはメラニン色素が原因といえます

歯茎の変色はメラニン色素が原因です。

タバコなどの刺激物により歯茎にメラニン色素が沈着して黒くなります。

メラニン色素が原因の場合、歯茎のホワイトニングが有効です。

4.金属イオンが原因ならセラミッククラウンが有効です

金属の詰め物や差し歯の素材が原因ならセラミッククラウンが有効です。

特に金属の銀イオンが、歯茎の黒ずみにつながります。

金属を使っていないセラミッククラウンの被せ物などをすることで、改善が見込めるのです。

1224
Return Top