湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

前歯を差し歯にすると歯茎が変色することがある?

前歯の差し歯に金属が使われているため歯茎が変色している可能性があります


前歯の差し歯と歯茎の境目が黒く変色している場合、差し歯の素材が原因となっていることも多いのです。

差し歯の土台や被せ物が金属だと、金属イオンの影響で歯茎を黒くすると考えられています。

そのまま放置していると、歯の根元が見えてしまうケースもあるのです。

このような問題に対しては、セラミッククラウンによる施術が有効と考えられています。

セラミッククラウンのなかでも、オールセラミックは金属を使用していませんから、被せ物や差し歯などによる変色リスクを低くすることができるのです。

金属アレルギーがないのも大きなメリットでしょう。

差し歯の素材が黒ずみの原因であることが多いです

前歯の差し歯と歯茎の境目が、黒く変色していることがあります。

多くの場合、差し歯などの素材が原因となっているといえます。

差し歯の土台や被せ物に使われている金属が、歯茎の黒ずみにつながります。

前歯の差し歯周辺全体が黒ずんでいるのではなく、差し歯が触れている歯茎だけが黒いのならば、その可能性が高いといえます。

メカニズムですが、金属から金属イオンが出ており、その影響で歯茎の色が変わると考えられています。

金属イオンの中でも、特に銀イオンが歯茎を黒くすると言われています。

銀イオンで歯茎が黒くなった場合、そのまま放置していると歯茎が下がり、歯の根元が見えてしまうケースもあります。

土台に使われている金属の影響も無視できません。

土台の金属もイオンによって歯茎に悪影響を与え、歯の根元を黒くするようです。

前歯の差し歯をしている人で、なぜかその部分の歯茎だけが黒い色になっているのでしたら、差し歯の素材をチェックしてみてください。

銀を使用しているのでしたら、それが黒ずみの原因になっている可能性が高いからです。

黒ずみを消したいのなら、その差し歯などを変えるしかないでしょう。

オールセラミックは金属イオンがありません


前歯の差し歯により歯茎の色が変わっているなら、セラミッククラウンなどを検討してみても良いでしょう。

セラミッククラウンでも、オールセラミックと呼ばれるタイプは、すべてセラミックが使用されています。

このセラミックの良い所は、金属ではありませんので、金属イオンの影響がないということです。

そのため金属イオンの影響により前歯の歯茎部分が黒くなる現象を防ぐのに有効と言えます。

他にも金属素材だと、どうしても汚れがつきやすいというデメリットがあります。

金属部分に小さな傷がつくと、細菌がその傷に詰まり、汚れやすくなるため、衛生面から考えてみてもあまり良くないのです。

一方オールセラミックは強度もあり、傷がつきにくいという大きなメリットがあります。

汚れにも強いのも、衛生面を気にされている方に良いでしょう。

金属の差し歯の場合、金属アレルギーのことも考えなければなりません。

しかしオールセラミックはセラミックなので、金属アレルギーのリスクが無いのです。

前歯が差し歯の人は、歯茎の境目をチェックしてみてください。

黒ずんでいるようなら、オールセラミックに変えることを検討してみましょう。

衛生面や変色にも強いのでセラミッククラウンはメリットが多いです

前歯の差し歯をセラミッククラウンに変えるメリットは非常に多いです。

銀歯や金歯などは、口を開けるとすぐに分かるぐらい目立ちます。

しかしセラミックは非常に透明度が高く、天然の歯と似たような感じを出すことができるのです。

そのため一つだけ他の歯と違うと言った違和感を覚えられるようなリスクを回避できます。

長期的に使用していると、色が変わる差し歯などもありますが、セラミッククラウンは変色が少ないのもメリットの一つでしょう。

長期間、金属素材の差し歯を使用していると、必然的に金属イオンが歯茎に溶け出している期間は長くなります。

その場合、差し歯を金属とは違う素材に変えたとしても、歯茎の色がすぐに変わる可能性は低いと言えるでしょう。

その場合、歯茎の色を改善するため、レーザーなどを使った施術を行う必要もあるようです。

前歯の歯茎の変色の原因が金属のものでしたらセラミッククラウンに変えることで、少なくとも変更後の変色リスクを低くできます。

このように、セラミックの差し歯を使用するメリットはたくさんあるのです。

(まとめ)前歯を差し歯にすると歯茎が変色することがある?

1.前歯の差し歯に金属が使われているため歯茎が変色している可能性があります

前歯の差し歯と歯茎の境目が変色しているのは、差し歯の素材が原因の場合が多いです。

土台や差し歯が金属だと、その影響で黒ずむからです。

対策としてオールセラミックの差し歯に変えることが挙げられます。

2.差し歯の素材が黒ずみの原因であることが多いです

前歯の差し歯と歯茎の境目が黒く変色している場合、差し歯の素材が原因と考えられます。

特に差し歯に触れている歯肉部分だけ黒くなっているならその可能性があります。

これは差し歯の金属の金属イオンが原因といえます。

3.オールセラミックは金属イオンがありません

差し歯の素材が原因ならセラミッククラウンを検討しても良いでしょう。

特にオールセラミックは、金属が使われていません。

汚れがつきにくく衛生面も含めてメリットが多いです。

4.衛生面や変色にも強いのでセラミッククラウンはメリットが多いです

セラミックは透明度が高く天然の歯のような感じがあります。

長期的に使用しても、変色が少ないというのもメリットです。

金属が原因の黒ずみでしたら、オールセラミックにすることで、その後の変色リスクは低くなります。

3606
Return Top