湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

健康的ではない歯茎はどんな色なの?

不健康な歯茎の色は黒ずみや赤紫であるといえます


健康的な歯茎の色は薄いピンク色ですが、黒ずみや赤紫のような不健康な色になることもあります。

これはメラニン色素の沈着やメタルタトゥー、歯周病で引き起こされてしまうものです。

メラニン色素の沈着は、喫煙により引き起こされます。

メラニン色素による色素沈着は、ホワイトニングという施術で改善が期待できます。

メタルタトゥーのような被せ物などの素材が原因でしたら、セラミッククラウンが対策となります。

歯周病の場合は、歯周病の改善をしなければなりません。

メラニン色素の場合、禁煙をする、どうしてもタバコを吸いたいなら、ビタミンCの補給で予防となります。

歯茎を強くするために、歯ブラシによる歯茎へのマッサージも有効です。

メラニン色素の影響で歯茎が黒ずむことがあります

本来、健康な歯茎の色は薄いピンク色です。

このような歯茎の場合、固く、少々の歯磨きで出血することはほとんどありません。

反対に不健康な歯茎の色があります。

特に多いのは黒ずんでいたり、紫がかっていたりするような色です。

歯茎が黒ずんでしまうのは、メラニン色素の沈着が考えられます。

メラニン色素が作られるのは、外部からの刺激によってです。

口の中なのにどうして刺激を受けるのか分からないと感じる人も居るかもしれません。

ただ、タバコを吸っている人はどうでしょうか。

歯茎にメラニン色素が沈着してしまうのは、喫煙が大きく関わっているといえます。

タバコには、ニコチンやタールのような刺激物が含まれています。

このような物質によって、歯茎が刺激されることでメラニン色素が生成され、歯茎が黒ずむというわけです。

ただ、他にも口内を刺激するものはあります。

例えば、歯磨きを行うのは良いのですが過剰にしすぎるとそれが刺激となるのです。

口呼吸の習慣がある人も、気をつけなければなりません。

口呼吸をすることで粘膜が乾燥すると、歯茎の変色につながるのです。

歯周病にも注意してください。

歯周病でも歯茎の炎症や腫れにより赤紫色になります。

歯周病やメタルタトゥーが原因で不健康な歯茎の色になります


全体的ではなく、歯茎の一部分だけ黒く変色しているケースがあります。

この場合、可能性として考えられるのがメタルタトゥーです。

歯を施術する際、金属を削ることでその欠片が歯茎に入り込み引き起こされると考えられています。

しかしメタルタトゥーは健康な歯の場合、ほとんど起こらないといえます。

ただし治療を行う部分の周りが歯周病などになっている場合は、起きやすくなります。

歯周病では歯周炎によって歯茎が腫れて赤くなりますが、放置していると赤から黒、赤紫色になってしまうのです。

歯周病は、歯茎の変色という見た目の問題だけではなく、口臭や歯が抜けることにもつながります。

他に考えられる歯茎の変色原因として、差し歯の土台が酸化して黒く見えるケースもあるのです。

さらに、歯周病で歯茎が下がると中に入ったメタルコアという被せ物の土台が見えるようになります。

その場合も、歯茎が黒ずんでいるように見えるのです。

このように、歯茎の変色は、歯茎が不健康でも引き起こされてしまいます。

歯茎の変色を改善したいならホワイトニングやセラミッククラウンがあります

メラニン色素による歯茎の変色を改善したいなら、ホワイトニングという施術があります。

ホワイトニングは、歯に対する施術は有名ですが、歯茎を対象としているものもあるのです。

歯茎のホワイトニングを行うことで、黒ずみや赤紫などの変色を改善することが期待できます。

このホワイトニングという施術は、歯肉整形のような施術ではありません。

特殊な薬剤を歯茎に塗ることで、ピーリングを行い、正常なピンク色の歯茎を取り戻すことができるのです。

薬剤により色が変わった歯肉を剥がすという方法で、メラニン色素による変色に有効と考えられています。

ただ、メラニンによる色素沈着には有効ですが、金属の被せ物により起きた変色に関しては、また別の施術が必要です。

その場合、金属の被せ物を、セラミッククラウンのようなセラミック素材に変える方法があります。

基本的に歯茎の色を健康的に保ちたいなら、日頃から予防をすることが大切です。

例えば毎日、歯だけではなく歯茎もきちんと歯磨きをして、マッサージをすると良いでしょう。

歯茎が黒ずむ原因としてタバコが大きな要因となっているなら、禁煙も考えた方が良いです。

しかしいきなり止めるのは難しいかもしれません。

タバコを吸うとビタミンCが壊され、メラニン色素が増えると考えられています。

そのためタバコを吸う人は、メラニン色素が過剰に増えてしまわないよう、ビタミンCを補ってください。

それでも歯茎の変色が改善されないなら、やはり歯茎のホワイトニングやセラミッククラウンによる施術が必要でしょう。

(まとめ)健康的ではない歯茎はどんな色なの?

1.不健康な歯茎の色は黒ずみや赤紫であるといえます

メラニン色素の影響で歯茎が黒ずむことがあります。

また、歯周病やメタルタトゥーが原因で不健康な歯茎の色になります。

歯茎の変色を改善したいならホワイトニングやセラミッククラウンが有効でしょう。

2.メラニン色素の影響で歯茎が黒ずむことがあります

健康的な歯茎の色はピンク色です。

不健康なのは黒ずんでいたり紫がかっていたりする色となります。

原因はメラニン色素や、歯周病などが考えられるのです。

タバコなどの刺激物により、メラニン色素が作られます。

3.歯周病やメタルタトゥーが原因で不健康な歯茎の色になります

歯茎の一部だけ変色しているなら、メタルタトゥーの可能性があります。

メタルタトゥーは歯の詰め物など、金属を削り、その欠片が歯茎に入り込んで引き起こされるものです。

他にも差し歯の土台が酸化して黒く見えるケースもあります。

4.歯茎の変色を改善したいならホワイトニングやセラミッククラウンがあります

メラニン色素による歯茎の変色に対してはホワイトニングが有効といえます。

特殊な薬剤を塗って、変色した歯肉を剥がすという方法です。

歯茎を健康的な色に保ちたいなら、歯磨きでのマッサージも有効でしょう。

1555
Return Top