湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎の色素沈着を改善するにはどんな方法があるの?

歯茎の色素沈着対策にセラミッククラウンやホワイトニングがあります


差し歯や被せ物によって色素沈着が起きている場合、オールセラミックによる改善方法があります。

色素沈着が、差し歯や被せ物の素材が原因であるなら、非常に有効な対策となるのです。

しかしそれ以外にも、喫煙による、有害物質や血行不良によって作られたメラニン色素が、色素沈着の原因となっているケースもあります。

その対策のためには禁煙が有効でしょう。

もし差し歯や被せ物の素材に問題がなく、メラニン色素が原因なら、ホワイトニングなども有効な施術です。

歯茎に特殊な薬剤を塗るだけで、正常な色の歯茎に戻すことが期待できます。

差し歯や被せ物が原因ならセラミッククラウンで改善が期待できます

歯茎の色素沈着では、オールセラミックによる改善が有効な場合もあります。

そもそもどうして歯茎の色素沈着が起きてしまうのでしょうか?
それには複数の原因が考えられます。

歯茎の色素沈着の代表的な原因として、差し歯や被せ物によるメタルタトゥーが挙げられます。

メタルタトゥーの特徴は、差し歯や被せ物に接触している歯肉部分が黒ずむ所です。

これは差し歯や被せ物に使われている金属の、金属イオンの影響によるものです。

歯肉の奥まで浸透した金属イオンにより黒ずみが生じます。

基本的に、自然回復は難しいと考えられている現象です。

根本的な要因を断ち切りたいのでしたら、差し歯や被せ物を変える必要があるでしょう。

その場合、差し歯や被せ物をオールセラミックに変えることが有効です。

セラミックは金属ではありません。

そのため金属による色素沈着などのリスクが低いため、メタルタトゥー防止に有効なのです。

ただ、かなり状態が悪い歯茎の黒ずみに対しては、歯肉整形などで切除をしなければならないケースもあります。

歯茎の色素沈着は、審美的な観点から決して良いものではありません。

そのため、差し歯や被せ物を使っている方は、どんな素材が使われているのか改めてチェックした方が良いでしょう。

歯茎の色素沈着はメラニンの生成に原因があるといえます


歯茎の色素沈着はメラニン色素も大きく関係していると考えられています。

例えば夏場、肌を焼いている人も多いのですが、どうして茶色や黒くなってしまうのか不思議ではありませんか?
これは紫外の影響が考えられています。

太陽の光には、紫外線が含まれているのですが、これは人間の体に良い影響を与えません。

そのため、紫外線による悪影響から体を守るためメラニン色素が作られるのです。

このメカニズムは、肌の表面だけではなく口内でも起きます。

それが、歯肉にメラニン色素が沈着するメカニズムです。

例えばタバコを吸うと、含まれているニコチンやタールが歯茎を刺激します。

歯茎は悪影響から細胞を守ろうとメラニン色素を作るのです。

タバコは血流の悪化も招きます。

血流の悪化により歯茎の色が黒ずんだり紫色になったりするのです。

喫煙などによる色素沈着の場合は、まず禁煙が改善の第一歩となるでしょう。

禁煙をしても、劇的に改善することは難しいかもしれませんが、時間の経過と共に、元のピンク色の歯茎に戻って行くといえます。

メラニン色素による歯茎の変色を劇的に改善をしたいのなら、歯茎のホワイトニングや、歯肉整形による外科的な施術も検討に入れても良いでしょう。

メラニン色素による色素沈着対策では歯茎のホワイトニングがあります

歯茎の色素沈着に有効なホワイトニングは、気軽に行える施術の一つです。

外科的な施術を行う必要はありません。

ホワイトニングのための特殊な薬剤を歯茎に塗布することで、改善を目指します。

薬剤を塗った後、歯茎に白い膜ができるのですが、ずっとそのままではありません。

多くの場合、1週間ぐらいで剥がれ落ち、その後、元の歯茎の色に戻っています。

歯茎の色素沈着に対し即効的な改善を求めているなら、有効な施術の一つです。

歯茎の色素沈着で口を大きく開けることができなくなったという人も居るでしょう。

歯茎の色があまりにどす黒いのでしたら、何かの病気ではないかと勘違いされてしまうかもしれません。

そのまま放置した場合、歯茎の色素沈着が改善を期待していても良い結果は得られないでしょう。

そのため、医療的な施術が必要になって来るのです。

差し歯や被せ物に使われている金属が原因とだとしたらオールセラミック、タバコなどによりメラニン色素が作られているのでしたら、歯茎のホワイトニングを検討してみてください。

そうすれば気になっていた歯茎の色の問題で悩まされることが少なくなるでしょう。

(まとめ)歯茎の色素沈着を改善するにはどんな方法があるの?

1.歯茎の色素沈着対策にセラミッククラウンやホワイトニングがあります

差し歯や被せ物が原因でしたら、オールセラミックによる改善が期待できます。

歯茎の色素沈着対策では禁煙することも有効です。

他にも手軽な方法として歯茎のホワイトニングがあります。

2.差し歯や被せ物が原因ならセラミッククラウンで改善が期待できます

歯茎の色素沈着では、オールセラミックで改善が期待できます。

特に差し歯や被せ物が金属の場合、メタルタトゥーによる変色が考えられるからです。

セラミックは金属ではないので改善につながるのです。

3.歯茎の色素沈着はメラニンの生成に原因があるといえます

歯茎の色素沈着ではメラニン色素も関係していると考えられています。

タバコなどの有害物質が歯茎を刺激するため、メラニン色素が生まれるのです。

そのため禁煙が対策の一歩となります。

4.メラニン色素による色素沈着対策では歯茎のホワイトニングがあります

歯茎の色素沈着では、歯茎のホワイトニングも有効といえます。

歯茎に特殊な薬剤を塗るだけで、改善が期待できます。

色素沈着で口を開けられなくなったら、オールセラミックやホワイトニングを検討してみてください。

768
Return Top