湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎の色が悪い原因ってなに?

歯茎の色が悪いのは差し歯や被せ物の素材が原因の場合が考えられます


歯茎の色が悪い原因として、差し歯や被せ物で使われている金属が挙げられます。

なぜかと言うと、その金属からイオンが発生し、歯茎に悪影響を与えてしまうことで色が変わってしまうことがあるからです。

使われている素材が金属の場合、歯茎の変色だけではなく、金属アレルギーのリスクも考えなければなりません。

他にも、歯茎の色を悪くする原因として血行不良やメタルタトゥーなどが挙げられます。

もし歯茎の色が悪い原因に、差し歯などの金属が考えられるなら、オールセラミックを検討するのも良いでしょう。

歯茎の変色や金属アレルギーのリスクも少なく、歯並びの問題も改善できるといえるからです。

差し歯や被せ物の素材が歯茎の色に影響を与えることがあります

歯茎の色が悪いのは、差し歯や被せ物が原因の可能性があります。

歯茎が黒い、紫色だけではなく、ガミースマイルでもあれば、審美性という面で良くありません。

どうして歯茎の色が悪い状態になるのか、理由は複数あります。

代表的な理由の一つに、差し歯や歯の被せ物の影響が考えられます。

差し歯や、歯の被せ物は金属が使われています。

しかし歯茎に触れている部分の金属からイオンが発生し、そのイオンが歯茎に影響を与え、色が変わると考えられているのです。

特に歯茎の黒ずみを発生させる金属として、代表的なのが銀イオンです。

もし歯茎が黒ずんでいるようでしたら、差し歯や歯の被せ物はどんな素材が使われているか、改めてチェックしてみてください。

同時に考えなければならないのは、金属の中には黒ずみばかりだけではなく金属アレルギーを発生させる物もあるということです。

その場合の対策として、差し歯などをオールセラミックにするという方法が挙げられるでしょう。

オールセラミックは金属を使用していませんから、歯茎が黒ずんでしまうリスクを低くすることができます。

金属を使っていないということは、金属アレルギーのリスクがないと考えられるのです。

そういった点から、歯茎の色が悪いならオールセラミックという施術を選ぶのは良い選択といえます。

金属以外にも歯茎の色を悪くする要因があります


歯茎の色が悪い原因は金属の差し歯や被せ物ばかりではありません。

例えば歯茎の血行不良も歯茎の色を悪くする原因となるのです。

基本的に、健康的な歯茎の色はピンクをしています。

歯茎が薄く毛細血管が透けて見えるためです。

タバコなどを吸った時、一酸化炭素やニコチンの影響で血行不良になると、歯茎の色も悪くなります。

他にもタバコの有害物質が歯茎に染み込むことで、黒や紫色など、色が悪くなると考えられているのです。

全体的ではなく、あくまで一部の歯茎だけが黒ずんでいる場合もあります。

この場合、メタルタトゥーが原因になっている可能性が考えられます。

歯を治療する際、金属の被せ物を削る作業をする時もあります。

その際、細かな金属片が歯茎に入って酸化することでメタルタトゥーにつながるのです。

このメタルタトゥーが引き起こされる歯茎状態として、多くの場合、歯周病や炎症が挙げられます。

他にも、歯周病が歯茎の黒ずみを発生させていることもあるようです。

歯周病の初期段階は、赤く腫れている程度ですが、症状が進行をすると紫色や黒ずみができると考えられています。

そのような原因があるのでしたら、まず、歯周病の改善が必要でしょう。

オールセラミックは歯茎の変色以外にもメリットが多いです

歯茎の黒ずみが差し歯や被せ物の素材によるものでしたら、オールセラミックに変えた方が良いでしょう。

オールセラミックにすれば、歯茎への悪影響やリスクを大きく回避することができます。

黒ずみ対策以外のメリットとして、自然な歯に見えるということも挙げられます。

素材に使われているセラミックは、銀歯のように目立つものではなく、色調が天然の歯に近いです。

口を開けた時、銀歯や金歯が目立ってしまうのは、口元の審美性から考えてもあまり良いことではないでしょう。

オールセラミックでしたら、その心配もなく、さらに、施術後も色が変わるような心配も少ないようです。

オールセラミックは、歯茎だけではなく、歯並びの問題も改善できます。

歯並びの問題も、歯茎の色と同じく口元の審美性に大きな悪影響を与えるのは間違いありません。

そのような問題で、口を大きく開けられない、大笑いができないなどの問題が出てくれば、ストレスとなります。

そのストレスにより精神的なトラブルに発展する人も居るようです。

(まとめ)歯茎の色が悪い原因ってなに?

1.歯茎の色が悪いのは差し歯や被せ物の素材が原因の場合が考えられます

歯の差し歯や被せ物が歯茎の変色につながることがあります。

それ以外の原因として、血行不良やメタルタトゥーなどが挙げられます。

オールセラミックは歯茎の変色対策として有効です。

2.差し歯や被せ物の素材が歯茎の色に影響を与えることがあります

歯茎の色が悪いのは差し歯や被せ物の素材に原因があります。

使われている金属からイオンが発生し、歯茎に影響を与えて、色が変わることが可能性として考えられるのです。

他にも金属の差し歯や被せ物ですと、金属アレルギーのリスクもあるといえます。

3.金属以外にも歯茎の色を悪くする要因があります

金属以外にも歯茎の色を悪くする原因があります。

歯茎の毛細血管が血行不良になること、メタルタトゥーなどが考えられています。

他にも、歯周病が原因として考えられています。

4.オールセラミックは歯茎の変色以外にもメリットが多いです

歯茎の色が悪い原因として、差し歯や被せ物の素材が悪ければ、オールセラミックを検討してみてください。

オールセラミックは天然の歯のような色をしています。

さらには歯並び改善というメリットもあるのです。

1030
Return Top