湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎の色が悪いのはどうして?

歯茎の色が悪くなるのはいくつかの原因が考えられます


笑ったり口を大きく開けたりしたときに、歯茎の色が悪いと目立ってしまいます。

歯茎の色を改善したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

歯茎の色が変わってしまう原因には、喫煙や歯周病、差し歯などに使われている金属によるものなどいくつかの原因が考えられます。

しっかりと検査を行う必要がありますから、専門の医療機関などに足を運んでみましょう。

また、ホワイトニングなどの施術を行うことで、歯茎の色の改善が期待できます。

歯茎の色が悪くなるのは、喫煙や差し歯などの金属、病気などが原因とされています

歯茎の色が悪くなってしまう原因には、次のようなことが考えられます。

喫煙

ご存知かもしれませんがタバコにはニコチンやタール、二酸化炭素などの有害物質が含まれています。

タバコを長期間吸っていると、それらの物質が歯茎に染み込み歯茎が黒ずんでしまいます。

ただ、タバコによる歯茎の黒ずみの原因はそれだけではないのです。

タバコに含まれるニコチンや二酸化炭素には、血管収縮作用があるため、血流障害が起こり、歯茎が黒ずみやすくなります。

差し歯などに使われている金属によるもの

虫歯の施術などで差し歯や詰め物、土台などを保険で入れる場合、金属でできたものを入れることが多いです。

この保険の施術で使用される金属は強度が弱く、酸化・腐食しやすい材質である場合が多いです。

そのため長時間入れておくと、金属イオンが溶け出し歯茎が黒ずんでしまいます。

保険の範囲内で行う施術は費用が安いというメリットがありますが、実はこのようなデメリットがあるのです。

差し歯自体は白くても、その中に金属が使われている場合もあるため、レントゲンを撮らないと外から見るだけでは判断はできません。

歯周病

歯周病がひどくなると、歯茎に赤みが出て腫れたり、紫っぽくなったりしてしまいます。

歯周病の場合は、歯石取りなど歯周病の施術を行わなければ改善が期待できません。

健康な歯茎は綺麗なピンク色をしています


歯茎の色が悪いことを気にしている人も多いかもしれませんが、健康的な歯茎とはどのような色をしているのでしょうか。

正常な歯茎の色や状態についてご紹介していきます。

健康的な歯茎とは薄いピンク色をしていて、歯茎は引き締まっており固くなっています。

腫れや赤みもなく、歯磨きやフロス、歯間ブラシなどを使用しても、出血することはありません。

健康的な歯茎には「スティップリング」と呼ばれる、みかんの皮にあるブツブツのようなものが見られます。

これは歯茎を形成するコラーゲン繊維が、良好な状態であることの証と言えます。

また、健康な歯茎は、歯と歯の間に隙間がなく、丸みのない三角形になっています。

自分の歯茎を鏡で見て、次のような症状がないかチェックしてみましょう。

  • 赤身や腫れがある
  • 黒ずんでいる
  • 紫がかっている

歯茎が赤くなっていたり腫れたりしている場合や紫っぽくなっている場合などは、歯周病の可能性が高いです。

歯周病が進行してしまうと、歯がグラグラになったり重度の場合は歯が抜けたりしてしまう可能性があります。

できるだけ早めに歯科医院を受診しましょう。

歯茎の色を改善するには歯茎のホワイトニングが効果的です

歯茎の色が悪くなった場合、もう元の色には戻らないのかと気を落としてしまうかもしれませんが、心配は要りません。

歯茎のホワイトニングを行うことで、歯茎の色の改善が期待できます。

喫煙や歯科施術に使用した金属によって歯茎が黒ずんでしまっている場合は、ベビーピーリングと呼ばれる施術を行うことで、歯茎の色をピンク色にすることができると言われています。

ベビーピーリングの施術の流れについてご説明していきます。

施術の流れはとてもシンプルで、専用の薬剤を歯茎に塗布するだけです。

このベビーピーリングの薬剤を塗布すると、歯茎に白い膜ができます。

この膜は1週間ほどで剥がれていき、その後歯茎本来のピンク色の歯茎に戻ります。

イメージとしては、お肌のピーリングと同じようなイメージです。

ベビーピーリングは個人差がありますが、施術後にヒリヒリ感や少し痛みを感じたりしみたりする場合があり、注意が必要です。

また、歯周病が原因の場合は、ベビーピーリングを使ったホワイトニングなどをしても改善が期待できませんから、歯周病そのものの施術を先に行う必要があるでしょう。

(まとめ)歯茎の色が悪いのはどうして?

1.歯茎の色が悪くなるのはいくつかの原因が考えられます

歯茎の色が悪くなってしまう原因は、喫煙や歯周病、差し歯などの施術で使った金属などがあると言われています。

原因についてはレントゲンなど詳しい検査をする必要があり、自分で判断するのは難しいため歯科医院を受診してみましょう。

2.歯茎の色が悪くなるのは、喫煙や差し歯などの金属、病気などが原因とされています

喫煙や歯周病、施術に使用される金属の劣化などにより、歯茎の色が悪くなってしまうことがあります。

原因を突き止めるためにはレントゲンなどを必要とすることもありますから、注意が必要です。

また、歯周病が原因の場合は先に歯周病を治す必要があります。

3.健康な歯茎は綺麗なピンク色をしています

健康的な歯茎は赤みや腫れもなく、薄いピンク色をしています。

また、健康な歯茎にはスティップリングと呼ばれる小さなブツブツが見られます。

もし腫れや赤み、歯磨き時に出血する場合は、歯周病の可能性もあるため早めに歯科を受診しましょう。

4.歯茎の色を改善するには歯茎のホワイトニングが効果的です

喫煙や金属による歯茎の黒ずみには、ベビーピーリングが有効とされています。

効果も術後1週間ほどで感じることができるでしょう。

ただし、歯周病による赤みは、ベビーピーリングでは改善されません。

その場合、歯周病などの治す施術が必要です。

2671
Return Top