湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯肉整形とはどういう症状を治せるの?

歯肉整形とは歯茎の見えすぎなどを改善するのに効果的な施術法です


歯肉整形とは名前の通り歯茎の形を整える施術法で、費用も安く手軽に行えます。

笑ったときなど大きく口を開けた際に歯茎が見えすぎてしまったり、歯並びの関係で歯茎の高さが不揃いだったりという悩みがある方におすすめです。

歯肉整形をすることで、これらの症状を改善できる場合が多いです。

カットできる歯肉には限界があるので、まずは歯科医院で相談してみましょう。

笑ったときの歯茎が気になるという悩みが解決するかもしれません

笑ったときなどに歯茎が見えてしまうのが嫌で、あまり大きく笑わないように意識したり、笑うときに手で口を隠したりしてしまう人も多いのではないでしょうか。

歯肉整形は、このようなガミースマイルを改善するのに有効な施術法のひとつです。

歯肉整形は歯茎をカットして、歯茎の形態を整えることができる施術法です。

ガミースマイルとは笑ったり口を大きく開けたりした際に、歯茎が見えすぎてしまう状態のことを言います。

通常笑った際に歯茎が2mm程見えるのが正常範囲内で、美しく見えると言われています。

2mm以上歯茎が見えてしまう場合、ガミースマイルと判定することができます。

このガミースマイルには、次のような原因が考えられます。

歯が歯茎にかぶりすぎている

歯が歯茎にかぶりすぎていると、見える歯の面積が小さくなり歯茎が目立ってしまいます。

このような場合に歯肉整形を行うことで、歯が大きくなり歯茎が目立ちにくくすることができます。

骨が歯を覆い過ぎている

上顎の歯を支えている骨が分厚いと、その周りについている歯茎も厚くなってしまいます。

この場合に歯肉整形で歯茎のカットのみを行っても、骨の厚みは変わらないため、歯茎はすぐに再生し元に戻ってしまいます。

このようなケースでは骨を削る外科的な施術やセラミック矯正などの施術との併用が必要になります。

唇が上がりすぎてしまう

笑ったときなどに唇が上に上がりすぎると、歯や骨に問題がなくても歯茎が見えすぎてしまう場合もあります。

このような場合は「歯肉溝移行部」と呼ばれる唇をめくったところにある溝の部分を縫い付ける外科的な施術が必要になります。

また、ガミースマイルではなくても、歯の生えている位置など歯並びなどの関係で、歯茎の高さのラインがガタガタになっている方もいらっしゃるかと思います。

このような場合も、歯肉整形によって歯茎の高さを整えることができます。

歯肉整形は歯茎をカットして、形を整える施術法です


歯肉整形とは電気メスなどを使い、歯茎をカットして形態を整えるための施術です。

一般的に行われる「歯茎部切除法」では、歯と歯茎の境界部分を切除することで、見える歯茎の幅を狭くすることができるとされています。

歯肉整形の施術の流れについて説明していきます。

歯肉整形の施術の流れ

基本的には次のような流れになります。

  1. 麻酔をする
  2. 電気メスやレーザーなどを使用して、歯茎をカットして整える
  3. 消毒

歯肉整形の所要時間

簡単な歯肉整形の場合は、10~15分程度で施術は終了します。

ただ、歯肉を整形する幅が多く、歯を支えている骨まで達してしまう場合は、簡単な歯肉整形を行っても施術後すぐに元の状態に戻ってしまいやすいです。

そのような場合は歯肉だけではなく、歯を支えている骨まで整形しなければならないこともあります。

骨まで整形する施術になると高いスキルが必要となりますので、実績のある審美歯科や歯科医院を選ぶようにしましょう。

骨まで整形する場合の施術時間は、2時間程度でいずれの施術の場合も、1回の施術で終了します。

歯肉整形のカットできる幅には限界があります

歯肉整形のような施術を行うことで手軽に歯茎を整えることができますが、施術の限界があったり施術自体が行えなかったりする場合もあるので注意が必要です。

歯肉整形は正常な歯周ポケットで、歯に歯茎がかぶって歯が小さく見えてしまっている方であれば、基本的に年齢や性別に関係なく施術を受けることができます。

しかし、歯肉整形は歯茎の歯周ポケットの範囲内でしかカットすることはできないため、カットできる幅には限界があります。

健康な歯周ポケットの深さは4mmと言われています。

また、次のような方は歯肉整形を受けられない場合があるため、必ず担当の歯科医師に相談しましょう。

ペースメーカーが入っている

電気メスを使用する場合、ペースメーカーが入っている方も施術することができません。

血が止まりにくい

処置の際に出血を伴うため、持病などの関係で血液をサラサラにする薬を飲んでいらっしゃる方など、血が止まりにくい方は施術できない場合があります。

(まとめ)歯肉整形とはどういう症状を治せるの?

1.歯肉整形とは歯茎の見えすぎなどを改善するのに効果的な施術法です

歯肉整形は歯茎をカットすることで、見えすぎていた歯茎や歯茎の高さの不揃いを改善するのに有効です。

費用も安く一度の施術で完了できることが多いので、手軽に行えます。

歯茎の見え方やお口の状態によっても異なるのでまずは歯科医院で診てもらいましょう。

2.笑ったときの歯茎が気になるという悩みが解決するかもしれません

ガミースマイルや歯茎の高さの不揃いは、歯肉整形で改善が期待できる場合があります。

ただ、ガミースマイルは原因によって歯肉整形だけでの改善が難しい場合もあるので、まずは歯科医院に相談してみることをおすすめします。

3.歯肉整形は歯茎をカットして、形を整える施術法です

歯肉整形はほとんどの場合、10~15分で終わります。

状態によっては骨まで整形する必要がある場合もありますが、いずれの場合も一度の通院で施術が完了します。

また、麻酔をするため術中の痛みはありません。

4.歯肉整形のカットできる幅には限界があります

歯肉整形は、正常な歯周ポケットであれば誰でも問題なく施術を受けることができます。

ただしカットが可能な範囲には限りがありますから、注意が必要でしょう。

また、ペースメーカーの方や血が止まりにくい方などは施術ができない場合があります。

8320
Return Top