歯肉整形の施術はどのぐらい出血するの?

歯肉整形では出血がほとんどありません


歯肉整形は基本的に出血が少ないとされています。

基本的に短時間で済む施術なのもメリットです。

骨や歯をいじるような施術でないため、そこまで心配する必要はありません。

歯肉整形の施術後に少し出血することもあるのですが、そこは歯磨きをきちんと行って歯茎を引き締めることで対策ができます。

ただ、歯磨きのやりすぎには注意しましょう。

もう出血が終わった後なのにさらに歯磨きでこすると、歯茎にダメージを与えることになります。

歯肉整形後2週間ぐらいで安定するので出血はそこまで心配はいりません。

歯肉整形は、出血が少なく痛みも少ない施術と言えます

歯肉整形の施術は、基本的に出血が少ないとされています。

特に歯肉整形で切除する範囲が狭い場合、特に出血がほとんどないと考えても良いでしょう。

簡単な歯肉整形の場合ですと、比較的短時間で施術が完了するということも少なくありません。

ただ、歯肉整形を行う場合、その施術範囲が広くなっていると、また話は違って来ます。

場合によっては2時間ほどかけて施術を行われなければならないケースもあるようですので、それも踏まえておくと良いでしょう。

基本的に、出血がまったくないというのは、あまり考えない方が良いかもしれません。

歯肉整形では、歯茎を切除しなければならないので、出血が出るのは当然だと言えます。

しかしその出血量は、通常の施術の場合、比較的少ないと考えても良いでしょう。

また、出血があると言っても、レーザーや特殊なメスを使用したり、麻酔をきちんと行っていたりする場合では、痛みも少ないことが多いようです。

そのため、歯茎にアプローチするだけで、歯並びなどをいじらない程度の歯肉整形でしたら、そこまで心配する必要はないでしょう。

歯磨きをすることで出血を予防できます


歯肉整形後は、積極的に歯を磨いて、歯茎を強くした方が良いという話もあります。

しかしそのために歯磨きをすると、出血してしまうことも珍しくありません。

その出血を見て、「ひどい病気かもしれない」「歯周病なのか」とパニックになってしまう人もいるかもしれませんが、その心配は不要です。

基本的に歯茎は繊細な組織ですから、出血するものだと考えてください。

ただ、通常、歯ブラシを少し当てたぐらいでは、出血することはないです。

歯肉整形をしたばかりの時は、まだ、歯茎の状態が安定していませんから、歯磨きで出血しても不思議ではありません。

そもそも、歯茎からの出血は悪いとは一概に言えないのです。

歯茎は、出血することで強く引き締まる組織でもあります。

出血することで、歯茎の腫れを抑えるという体のメカニズムがありますから、歯肉整形をした場合には、出血させた方が良いという考え方があるのです。

しかし一番よくないのは、もう十分な状態なのに歯磨きをやりすぎてしまうことでしょう
健康になった歯茎にダメージを与えるだけになってしまいますから、その点は注意しなければなりません。

歯肉整形をしてから歯茎が安定するまでは2週間ほどです

歯肉整形を行った際は、歯磨きをした方が逆に歯茎を鍛えることになり、出血を抑えることにつながります。

逆に、歯磨きをしなければいつまでも出血が続いてしまうケースもあるようなので、やはり必要なことと言えます。

歯磨きのやり方としては、歯ではなく、歯と歯茎の境目を磨くことが大切でしょう。

血が出た所はとくによく磨いた方が良いです。

硬めの歯ブラシだと、ちょっと不安だという人は柔らかめのブラシを使用するのも一つの方法です。

早く引き締めた方が、後戻りのリスクも低くなりますから、メリットは大きいと言えるでしょう。

デンタルフロスなどを利用して、歯肉を磨くのも良いようです。

一般的に歯肉整形を行ってから安定するまでは、2週間ぐらいかかると考えた方が良いかもしれません。

それまでは刺激をすると出血したり多少の痛みがあったりするかもしれません。

ただ、もし何もしていないのに歯肉から出血が出るというケースでしたら、何か問題が生じている可能性があります。

その場合、施術を行ってもらった担当医にきちんと相談するようにしてください。

(まとめ)歯肉整形の施術はどのぐらい出血するの?

1.歯肉整形では出血がほとんどありません

歯肉整形は出血が少ない施術です。

ただ、施術範囲が広く、施術後に出血が出る場合は、歯磨きをすると良いようです。

歯茎で出血をすれば、歯茎を引き締めることができるので出血を防げます。

2.歯肉整形は、出血が少なく痛みも少ない施術と言えます

歯肉整形は、比較的出血が少ない施術です。

特に施術範囲が狭い場合はほとんどありません。

しかし、施術範囲が広くなると、出血が多くなる可能性はあるようです。

施術中はレーザーや麻酔などのおかげで痛みも少なく済みます。

3.歯磨きをすることで出血を予防できます

歯肉整形の施術後、歯磨きの際に出血してしまうことがあります。

正しい歯磨きを行うことで、出血をさせて歯茎を引き締めることができるとされていますから、しっかりと歯茎を磨くと良いでしょう。

ただ、やりすぎには注意しなければなりません。

4.歯肉整形をしてから歯茎が安定するまでは2週間ほどです

歯肉整形の施術後、歯磨きをしておらず出血がずっと続いてしまうというケースもありますから注意しましょう。

歯磨きの方法としては、歯と歯茎の境目を磨くことが大事です。

一般的に、出血などの症状が安定するのは2週間ほどだと考えられています。

1317
Return Top