湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯肉整形の施術後は歯磨きが大切になる理由って何?

歯肉整形後に歯磨きをしなければ歯茎が引き締まらず、後戻りなどを引き起こします


歯肉整形後は少々の出血や痛みもあるので歯磨きを控えたいという人もいるでしょう。

しかし、歯磨きをおろそかにすると、後戻りのリスクや、虫歯や歯周病などを引き起こしてしまいます。

歯磨きは、歯茎の引き締めに役立ってくれるのです。

セラミックの差し歯と歯肉整形を併用して後戻りを防ぐ施術を行う場合も珍しくありませんが、それでも歯磨きは必要になって来るのです。

歯磨きをしなければ、歯型を取る時も問題が生じ、きちんとした模型を作れません。

出血や痛みが気になるなら、柔らかいタイプの歯ブラシを使うことなども対策となります。

歯肉整形では施術後のケアも大切です

歯肉整形を行った後に、気をつけなければならないのは、歯磨きです。

歯肉整形をした後は、どうしても出血や痛みが見られます。

そうすると刺激に対して敏感な人は、歯磨きを止めたくなる人も少なくありません。

しかし、そこで歯磨きをきちんとしなくなってしまえば、虫歯や歯周病を引き起こしてしまいます。

また、歯だけではなく歯茎に関しても、しっかりと歯磨きをしなければ、後戻りのリスクを高めることになるようです。

後戻りというのは、施術をした後、元に戻ってしまう現象です。

せっかく施術を行ったのに、後戻りが起きてしまったら、これまでの施術が無駄になってしまい、うんざりしてしまうでしょう。

だからこそ、歯肉整形後の後戻りを予防するために、歯磨きは本当に大切なのです。

歯磨きをして血が出てしまうこともあるのですが、その分、歯茎の引き締めに役立ってくれるはずですので積極的に行ってください。

歯肉整形はガミースマイルに対し有効な施術と言えますが、それを終えてからすぐに安心してはいけません。

歯肉整形を行ったあとのケアも大切なのです。

セラミックの差し歯を併用した施術を行っても歯磨きは大事です


歯肉整形とセラミックでの差し歯を併用するケースもあります。

基本的には、歯肉整形だけを行うより、セラミックでの差し歯を行った方が、後戻りのリスクを低くすることができると考えられています。

しかし、いくらそのような施術をしていたとしても、歯磨きはしっかりと行わなければなりません。

他にも、歯磨きをきちんとしなければ、歯型取りの点でも問題が生じるといえます。

歯型取りをしっかりしなければ、十分に適した模型を作ることができません。

歯茎から出血が出てしまうと、歯型を取る作業でトラブルが生じ、そもそも歯型取り自体が困難になってしまうのです。

セラミックや歯肉整形は、施術が短期間で済むため助かる人は多いでしょう。

施術を行っていることを周囲に知られたくない、恥ずかしい、バレたらからかわれるのではないかと心配はたくさんあります。

歯磨きをきちんとしなければ、施術期間が長期化してしまうこととなり、そのメリットが無くなってしまうのです。

歯肉整形を成功に導くためにも、歯肉整形の施術後は油断せず、歯磨きをおろそかにしないよう心がけましょう。

歯肉整形後の歯磨きの方法も大事です

歯肉整形を行った後の歯磨きは重要だと理解しても、どのような歯磨きをすれば良いのかわかららないということもあるでしょう。

歯肉整形直後に歯磨きをすると、どうしても出血してしまいます。

しかしその出血を恐れず、歯磨きをすることが逆に歯茎には良いという話もあるのです。

出血することで歯肉整形に悪影響を与えるのではないかと、不安になる人も居るかもしれません。

そんな人は歯ブラシの種類に注意してみてください。

歯ブラシのブラシ部分に少し硬さを感じるのでしたら、柔らかいタイプのものを使ってみましょう。

最初、柔らかいブラシを使っていると、だんだん、出血がおさまります。

出血がおさまってきたらそのタイミングを見計らい、通常の歯ブラシに変えてみてください。

ただ、具体的な歯磨きの方法についても工夫が必要となります。

歯磨きと言えば、歯にブラシを当て、歯を磨くイメージを浮かべる人も多いでしょう。

しかし歯だけではなく、歯周ポケットなどを磨くようなイメージで歯磨きをしてみてください。

歯肉整形をした後、怖いからと言って歯磨きをしなければ、出血が継続することになります。

そうなると歯茎は引き締まらないどころか、後戻りにもつながってしまうのです。

気をつけて歯磨きを行っていくようにしましょう。

(まとめ)歯肉整形の施術後は歯磨きが大切になる理由って何?

1.歯肉整形後に歯磨きをしなければ歯茎が引き締まらず、後戻りなどを引き起こします

歯肉整形後に歯磨きをしなければ歯茎が引き締まりません。

後戻りなどが生じてしまう可能性もあります。

出血や痛みが気になる場合は、柔らかい歯ブラシを使うことも対策となるでしょう。

2.歯肉整形では施術後のケアも大切です

歯肉整形を行った後、歯磨きをしなければ、歯茎が引き締まらないので、歯周病や虫歯だけではなく、後戻りのリスクも高まります。

そのため、施術を行ったからと言っても油断してはいけないのです。

3.セラミックの差し歯を併用した施術を行っても歯磨きは大事です

セラミックでの差し歯を併用した施術でも、歯肉整形後の歯磨きは重要になります。

歯磨きをしないと歯型取りの部分で、模型を作る際などに問題が生じることがあるのです。

短期間で終わるはずの施術が、長期間に伸びてしまうことにつながります。

4.歯肉整形後の歯磨きの方法も大事です

歯磨きの方法ですが、硬い歯ブラシではなく、柔らかいタイプの物を使ってください。

柔らかい歯ブラシを使うと、刺激が弱く出血もおさまります。

歯周ポケットを磨くようにするのがポイントです。

1318
Return Top