湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎の色が変化してしまう原因はなに?

歯茎の色が変化してしまうのは、生活習慣や歯周病が原因といわれています


歯茎の色が変化してしまう原因にはさまざまなものが考えられます。

まず、歯茎が黒ずんだような変色が見られる場合、喫煙によるメラニン色素の沈着が原因の可能性が高いです。

それ以外には、歯ブラシや被せ物との摩擦による原因が考えられます。

また、赤紫色の変色が見られる場合、歯肉炎や歯周病などの症状の一種である可能性があります。

歯茎の色が変化する原因には様々なものが考えられます

理想とされる健康的な歯茎の色といえばピンク色ですが、ある日鏡を見て、歯茎が変色していることに気が付いたという方もいらっしゃるでしょう。

歯茎の色が変化してしまうのは、何が原因なのでしょうか?

喫煙によるメラニン色素の沈着

喫煙の習慣がある方に多いのが、歯茎の色が黒ずみです。

タバコにはニコチンやタール、一酸化炭素が含まれており、それらが歯茎に染み込むことで色素沈着を起こしてしまうと考えられています。

歯ブラシや被せ物との摩擦

硬めの歯ブラシでゴシゴシと擦る習慣があると、歯茎にダメージを与えてしまい、メラニン色素の沈着を誘発してしまいかねないといいます。

また、差し歯や被せ物などを使用している場合、金属が溶けだすことで歯茎の変色を起こしてしまうことがあります。

歯周病による炎症

歯茎の色が赤紫色のように変色している場合、歯肉炎や歯周病などの症状の一種である可能性があります。

歯茎の炎症や腫れを起こしている可能性が高いため、早期の段階で施術を行う必要があります。

ストレスを溜めていたり、咀嚼回数が少なかったりすることが歯周病にかかるリスクを高めるといいます。

歯茎の色を元に戻すためには、日常生活の見直しが必要です


歯茎の変色を起こしてしまう原因についてお分かり頂けたと思いますが、多くの方は、元のキレイなピンク色の歯茎に戻したいと考えることでしょう。

では、歯茎の色を元に戻すには、どのような方法があるのでしょうか?

禁煙する

喫煙が原因で歯茎の黒ずみを起こしていると考えられる場合、禁煙することが大切だといえます。

タバコは百害あって一利なしといいますから、これを機に辞めてみるのをおすすめします。

口の中の炎症を抑える

歯周病や歯肉炎などは、口内に細菌が侵入した際に歯茎に付着することで起こると考えられています。

そのため、口呼吸の習慣のある人は、細菌が付着しやすいといえます。

鼻呼吸の習慣を身に付けるようにしましょう。

セルフケアを行う

これまで硬い歯ブラシでゴシゴシと歯磨きをしていた人は、柔らかい歯ブラシでやさしく歯磨きするように意識を変えましょう。

また、歯茎の血行を良くするために、自分でマッサージするという方法も実践してみてください。

歯茎の黒ずみを改善するには「ベビーピーリング」が効果的です

歯茎が変色してしまう原因の中で、赤紫色になる歯周病や歯肉炎が挙げられますが、これらはその症状を治すことが解決方法となるでしょう。

一方、喫煙や歯ブラシ、被せ物との摩擦により歯茎が黒ずんでしまった場合、歯科クリニックの「ベビーピーリング」と呼ばれる歯茎のホワイトニングを行うことで元の色に戻すことが可能になります。

ベビーピーリングの施術は、特殊な薬剤を歯茎に塗布するだけの非常に簡単なものとなります。

薬剤を塗ると歯茎に白い膜ができますが、1週間後に剥がれ、健康的なキレイな歯茎が姿を現すでしょう。

施術後の痛みが少ないため安心です。

ベビーピーリングにかかる費用はクリニックによって大幅に開きがあるといいます。

上下行った場合、その差は6000円から数万円程度まで異なるので、クリニック選びはとても重要でしょう。

また、差し歯の金属が歯茎の変色を起こしていると考えられるのであれば、セラミッククラウンを被せることで歯列矯正を行う「セラミック矯正」もおすすめです。

ベビーピーリングと並行して行えば、歯と歯茎のいずれも審美性を高めることが可能です。

(まとめ)歯茎の色が変色してしまう原因は何?

1.歯茎の色が変色してしまうのは、生活習慣や歯周病が原因といわれています

歯茎の色が黒ずんでいるような場合は、喫煙の影響や歯ブラシ、被せ物との摩擦によるメラニン色素の沈着が原因と考えられます。

赤紫に変色している場合は、歯肉炎や歯周病が原因になっている可能性があります。

2.歯

茎の色が変色する原因には様々なものが考えられます
歯茎の色が変色してしまう原因には様々ありますが、喫煙の習慣がある人は歯茎に黒ずみがみられることが多いといいます。

また、歯ブラシや被せ物との摩擦が原因になることもあります。

赤紫色の場合、歯周病の症状である可能性が高いです。

3.歯茎の色を元に戻すためには、日常生活の見直しが必要です

変色してしまった歯茎の色を元に戻すには、原因と思われる生活習慣を改善していく必要があります。

喫煙している人は禁煙に取り組み、口呼吸をしている人は鼻呼吸の習慣を身に付けると良いでしょう。

また、歯茎のセルフケアの仕方も見直してみましょう。

4.歯茎の黒ずみを改善するには「ベビーピーリング」が効果的です

歯茎の黒ずみを改善するには、歯科クリニックで受けられる「ベビーピーリング」という施術が効果的だと考えられます。

特殊な薬剤を歯茎に塗布するだけで綺麗な歯茎を取り戻すことが可能です。

また、差し歯をセラミックに変えるセラミック矯正もおすすめです。

2227
Return Top