湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎の色が黒ずむ原因はメラニン?

歯茎の色が黒ずむのはメラニンが原因です


皮膚と同じように、歯茎にはメラニンという黒い色を生成する物質が作られます。

メラニン色素が生成されると、歯茎もお肌と同じように色が黒ずんでしまうのです。

歯茎のメラノサイトを刺激して色素を生成させる原因は様々あるのですが、喫煙や紫外線、刺激の強い食べ物を食べるなどといったことが関係していると言われています。

歯茎のメラニンによる色は改善できます

歯茎の黒ずみは改善できないと思われるかもしれませんが、実は施術によって改善する方法もあります。

歯茎の黒ずみを綺麗にする方法として多く用いられているものは、薬剤によるピーリングです。

タバコ、紫外線といったものによって色素が沈着してしまっている歯茎の表面をピーリングすることで、黒ずみのある表面を取り除くことができます。

黒ずみはあくまで表面の問題ですので、表面をピーリングによって剥がしてしまえば、その下にある健康的な歯茎が表面に出るのできれいな色になります。

また、レーザーを使った施術によるメラニン色素の黒ずみ除去もあります。

黒ずんでいる部分の表皮を焼いて除去するのですが、レーザーを使用する際に、痛みや熱さといったものはほとんど感じません。

レーザーを使った施術は、施術後一時的に患部が黒くなってしまうことがあります。

しかし、これは患部が一時的に炭化しているだけですので、1週間程度できれいになるため安心してください。

レーザーを使った施術は手軽に受けることができますので、黒ずみに対しての施術としておすすめです。

黒ずみは金属による影響の可能性もあります


虫歯の施術には、金属の被せ物や差し歯といったものを使用することがあります。

このようなものを使用したときに歯茎の一部分が黒ずむことがありますが、これは金属のイオンが歯茎に溶け出すことが原因とされています。

そのため、使用している金属の素材をセラミックなどに変えることによって対策することができます。

土台となっている部分はレジンなどを使用することができますが、強度はそこまで強くないためセラミックを使用することになります。

保険適用外であるため、どうしても費用がかかってしまいますが、セラミックであれば黒ずみが出ることは、ほぼありません。

また、歯茎に金属の粉や破片といったものが入り込んでいることによって、黒ずみが出ていることもあります。

そのような場合には、根本的な施術法として歯茎を切開したうえで金属を取り除き、歯茎を再生させる施術を受ける必要があります。

そうすることによって、効率よく歯茎の黒ずみを取り除くことができます。

金属がいつまでも残っているようでは、根本的な改善にはならないため、本当に黒ずみを取り除きたいのであれば金属を除去する必要があるのです。

歯周病が原因となって歯茎の黒ずみが出ることもあります

歯周病が原因となって、歯肉の色が変化することがあります。

歯周病というのは歯周病細菌に感染することによって、炎症を引き起こしている状態です。

歯槽膿漏などもこの歯周病の代表的な症状で、歯茎が不健康であることで歯もまた健康的な状態を維持できなくなってしまいます。

最初は痛みなどもほとんどなく、特に違和感もありませんが、症状が進行すると少しずつ痛みや違和感といったものを感じるようになり、歯茎の色も黒く変色していき歯を支えている歯槽骨まで蝕まれていくようになります。

歯肉が赤く腫れ始めると症状が進行してきた状態であり、赤紫色になったり、歯茎が黒ずむようになったりすると、かなり歯周病が進行していると考えてよいでしょう。

もし、そのまま放置してしまえば、歯が次第にグラグラと不安定な状態になり歯が抜け落ちてしまいます。

そのような状態にならないためにも、歯の黒ずみが見られた場合には少しでも早く歯科医院で施術を受ける必要があります。

歯茎の色の変化が起きたということは、歯周病菌が増殖し歯周病を発症するリスクが高くなっているというサインでもあります。

ですので、注意が必要です。

(まとめ)歯茎の色が黒ずむ原因はメラニン?

1.歯茎の色が黒ずむのはメラニンが原因です

歯茎も皮膚と同じで刺激が与えられることによって、メラニン色素が作られ黒くなります。

喫煙や紫外線、刺激の強い食べ物を頻繁に食べることなどが原因となり、歯茎が黒ずんでいくとされています。

2.歯茎のメラニンによる色は改善できます

歯茎の黒ずみに対して、ピーリングやレーザーを使用した施術を行うこともあります。

痛みや熱さなどもほとんど感じずに歯茎の黒ずみを取り除くことができますので、安心かつ効果的な施術法といえるでしょう。

3.黒ずみは金属による影響の可能性もあります

黒ずみは虫歯を治す施術などにおいて使用した金属が原因となっていることもあります。

そのような場合には、金属を使用しないようにしたり、歯茎を再生させる施術を受けたりするのが効果的です。

4.歯周病が原因となって歯茎の黒ずみが出ることもあります

歯周病が原因となって歯茎が黒ずんでいることもあります。

歯茎がどの程度黒ずんでいるのかによって、歯周病の程度を判断することもできます。

歯の黒ずみが見られる場合には、歯科医院で施術を受けるようにすべきです。

1130
Return Top