湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯茎の色をピンクにする方法とは?

歯茎の色をピンクにするには、ホワイトニングが有効です


歯茎の色は喫煙によりメラニン色素が沈着することによって黒ずんでしまうと考えられています。

また、差し歯や詰め物などが原因で変色することもあります。

歯茎の色を健康的なピンクにするためには、「ベビーピーリング」と呼ばれる歯茎のホワイトニングが効果的だといわれています。

ただし歯茎の変色には歯周病が原因のものもあり、その場合はホワイトニングで改善させることは難しいといえます。

歯茎をピンクにするには「ベビーピーリング」が効果的だといえます

笑顔を見せる時、歯そのものはもちろん、それと同じくらい歯茎は人から見られているものです。

歯茎が汚いと、それだけで印象が悪くなることもあり、自信を持てなくなってしまうこともあります。

変色してしまった歯茎を、元のようなピンク色に戻すには、どのようにしたらよいのでしょうか?

歯茎の黒ずみに効果的とされている治療法は、「ベビーピーリング」と呼ばれる歯茎のホワイトニングです。

歯茎のホワイトニングは、歯の黒ずみを解消させる歯のホワイトニングと同様、歯茎の色を本来の健康的な色に戻す効果が期待できます。

ベビーピーリングの治療法は、特殊な薬剤を歯茎に塗布して漂白するというものです。

治療後、2日~7日程度で黒ずみが剥がれるといわれており、短期間で美しい歯茎がよみがえらせることが可能です。

歯のホワイトニングと併用して行えば、より美しい口元に近づけることができるでしょう。

口元の印象はその人の全体的なイメージを大きく左右する重要な要素です。

歯茎の黒ずみが気になるという人はベビーピーリングを検討してみてはいかがでしょうか。

歯茎の変色には様々な原因があると考えられます


歯茎は本来美しいピンク色ですが、様々な原因によって変色していってしまうことがあります。

歯茎の色が変化してしまう原因をいくつか見ていきましょう。

喫煙によるメラニン色素の沈着

喫煙している方は、歯や歯茎が黒ずみやすい傾向にあるといいます。

それは、タバコに含まれるニコチンやタールなどの有害な物質によるメラニン色素の沈着が原因だと考えられます。

また、喫煙により歯茎が血行不良を起こしてしまうことがあり、歯茎が紫色に変色してしまう場合もあります。

治療に用いる金属の影響

歯の治療法の中に、差し歯や詰め物など金属を使用するものがあります。

これらは歯茎に直接触れるものですが、金属からは銀イオンなどの物質が発生するといわれており、これが歯茎の黒ずみの元になると考えられています。

歯周病による炎症

歯周病が原因となり、歯茎を変色させてしまうケースもあります。

歯周病になると、病原菌により歯茎の炎症を起こしたり、腫れてしまったりしますが、症状が悪化していくと、歯茎に紫色の変色が見られるようになります。

そして、最終的には黒ずみを起こしてしまうという場合もあります。

歯茎の変色は、日常生活で予防することが可能です

歯茎の変色は、普段から対策を行うことである程度予防することができるといいます。

ここでは、自分で行える歯茎の変色を予防する方法についていくつかご紹介していきます。

毎日しっかりと歯磨きを行う

歯茎の変色を予防するための基本は、毎日の歯磨きです。

歯磨きを行う際は、歯の表面を磨くだけでなく、歯と歯茎の隙間を意識して磨くようにするとよいです。

ただ、力を入れて磨き過ぎると、歯茎を傷めてしまうことになるので、適度に柔らかい歯ブラシを使うようにしましょう。

歯茎のマッサージをする

歯茎の血行不良は変色の原因の一つとして考えられています。

歯茎のマッサージを行うことで血行不良を改善させることが可能です。

歯と歯茎の間を、指の腹でやさしく撫でるだけでOKです。

歯磨き後、キレイな手で行うようにしましょう。

生活習慣を見直す

歯茎の黒ずみの大きな原因となるのは、喫煙です。

からだの健康はもちろんのこと、喫煙を控えることは歯の健康にもつながります。

喫煙者の方は、その生活習慣についても見直す必要があると言えるでしょう。

また、歯茎の血行不良は身体の血行不良からも影響を受けるといえるため、運動不足や睡眠不足を避け、栄養バランスのとれた食事を心がけるようにしましょう。

(まとめ)歯茎の色をピンクにする方法とは?

1.歯茎の色をピンクにするには、ホワイトニングが有効です

喫煙によりメラニン色素が沈着していくと、歯茎の黒ずみが目立つようになるといいます。

歯茎の色をピンクに戻すためには、歯茎のホワイトニングである「ベビーピーリング」を行うのがよいでしょう。

2.歯茎をピンクにするには「ベビーピーリング」が効果的だといえます

歯茎の黒ずみを解消するのに効果があるとされているのは、「ベビーピーリング」と呼ばれる治療法です。

これは、歯のホワイトニングと同様、歯茎本来のピンク色を蘇られるために有効とされています。

3.歯茎の変色には様々な原因があると考えられます

歯茎の変色には様々な原因が考えられており、代表的なものは喫煙によるメラニン色素の沈着が挙げられます。

また、治療で用いる金属に触れることが歯茎の原因になることもあります。

4.歯茎の変色は、日常生活で予防することが可能です

歯茎の変色は日常生活の中で予防していくことが可能だと考えられています。

毎日しっかりと歯磨きをすることで歯の病気を予防すること、歯茎のマッサージを行って血行を促進すること、生活習慣を見直すことなども対策法の一つです。

2615
Return Top