年齢を重ねるとガミースマイルになることってあるの?

年齢を重ねると悪癖や歯周病などでガミースマイルになる場合があります


年齢を重ねることによってガミースマイルになることがあります。

ガミースマイルには先天性の遺伝的なものと後天性のものが考えられます。

遺伝についてはご両親から受け継ぐものですが、後天性のものは日頃の悪癖が原因になる場合もあると言われています。

頬杖や寝相、歯の裏を押すなどの悪癖があると、長い時間をかけて、徐々に歯が動いてしまい、結果的にガミースマイルや出っ歯などの問題が引き起こされるとされているのです。

また、歯周病が原因でガミースマイルになる場合もあると言われています。

年齢を重ねるにつれてガミースマイルが悪化する場合もあります

年齢を重ねるとガミースマイルになる場合もあります。

まずガミースマイルの原因として、生まれつきの先天性のものと後天性のものが考えられています。

先天性の場合、ご両親のどちらか、あるいは両親が共にガミースマイルだと子供も受け継ぐ可能性があると言われているのです。

しかし生まれつき以外にも年齢を重ねた結果、出っ歯となりそれが、ガミースマイルにつながる場合もあります。

例えばフレアーアウトと呼ばれる現象があります。

これは、前歯の歯並びが前方へ向かい放射状に倒れるという現象であり、年齢を重ねる中で時間をかけて動いて行った結果と考えられています。

フレアーアウトが生じる原因としては、噛み合わせの悪さや悪癖などが考えられています。

また、ガミースマイルが引き起こされる原因としては歯周病も挙げられるでしょう。

年齢を重ねることで、歯周病になってしまいやすくなると言われています。

歯周病になれば歯が動きやすくなり、そこへさらに悪癖が加わることでフレアーアウトにつながるとも言われています。

結果、歯茎が目立つことになるのでガミースマイルになる可能性があると言えるのです。

悪化させないために悪癖に対しての予防が大事です


年齢が重なることでガミースマイルにならないためにも予防をしなければなりません。

基本はフレアーアウトなどにつながる原因に対し意識して注意することでしょう。

例えば頬杖やうつ伏せ、横向きで眠ると言った悪癖が歯を動かすことでフレアーアウトにつながると考えられています。

他にも、前歯の裏を舌で押すような行為も、前歯が動く原因につながると言われているのです。

また、虫歯や歯周病も歯が動くことにつながるので特に注意をする必要があります。

予防のためには定期的に歯や歯茎の検診を医療機関で行うことが大切でしょう。

歯のかみ合わせが悪い場合や歯自体に問題があるだけなら、ラミネートベニアやセラミッククラウンによる施術で早めに改善をしておくのも良いでしょう。

ラミネートベニアは歯の表面を削り薄いセラミックを貼り付ける施術となります。

一方、セラミッククラウンはセラミックによる被せ物や差し歯を行うことで歯並びを治す施術のことです。

ラミネートベニアやセラミッククラウンを行うことで歯のかみ合わせを調整し噛み合わせの改善を目指せます。

さらにこの2つの施術では歯に問題が生じているガミースマイルの改善も期待できるのです。

遺伝的に骨が原因の場合セットバック法が有効と言われています

ガミースマイルになっている場合、歯肉や歯に問題があるのでしたらまだ改善は難しくないとも言えます。

歯に問題があるのでしたら、歯に医療的なアプローチをすれば改善が期待できるからです。

しかし遺伝的に上顎が前に突き出ていたり、長くなっていたりする場合、骨にアプローチをする必要があります。

骨に医療的なアプローチをする施術にはセットバック法と呼ばれるものがあります。

セットバック法は、ある特定の歯を抜いて、そこにできたスペースを利用し骨ごと後ろへ押し下げるという施術となります。

セットバック法を行うことで、前方に突き出た上顎を正常な位置に移動させられるとされています。

この施術を行うことで、遺伝的な骨格の問題でも対処ができると言われているのです。

ある程度大掛かりな施術ではありますが、それでもガミースマイルという悩みでコンプレックスを抱えているのであれば、検討する価値は十分にあるはずです。

セットバック法については、知識と経験が豊富な医師に相談することが大前提です。

実績のある医師に相談することで、安心して施術を行う事ができるでしょう。

(まとめ)年齢を重ねるとガミースマイルになることってあるの?

1.年齢を重ねると悪癖や歯周病などでガミースマイルになる場合があります

ガミースマイルは後天的な原因で引き起こされる場合もあります。

悪癖などで時間をかけて徐々に歯が動いて、歯並びの問題が生じてしまうことがあるのです。

これが年齢を重ねるとガミースマイルになる原因の一つとして考えられています。

2.年齢を重ねるにつれてガミースマイルが悪化する場合もあります

ガミースマイルの原因として、噛み合わせや日頃の悪癖が原因となって出っ歯などになる場合があります。

また、年齢を重ねると歯周病になりやすいため、歯が動きやすくなり、ガミースマイルにつながるとも言われています。

3.悪化させないために悪癖に対しての予防が大事です

年齢を重ねてガミースマイルにならないために日頃の悪癖に注意しなければなりません。

また、歯周病予防のために歯磨きを行い、医療機関で定期的に検診を受けることが大切です。

噛み合わせの悪さも原因となるので改善した方が良いでしょう。

4.遺伝的に骨が原因の場合セットバック法が有効と言われています

骨格など先天的な部分に原因があってガミースマイルが生じている場合は、セットバック法などのような医療的なアプローチが効果的でしょう。

実績のある医師のもとでしっかり相談して、施術にのぞみましょう。

1521
Return Top