湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

老化も歯の黄ばみの原因になるって本当?

老化によって歯の黄ばみが目立ってしまうこともあります


歯の黄ばみというとステインによる着色などが原因だとイメージされる方もいらっしゃるかと思いますが、実は老化によって歯の黄ばみが目立ってしまうこともあります。

老化の場合、様々な要因が重なって黄ばみが目立ってしまっていることもあるので、歯磨きだけでは改善しない場合もあります。

ホワイトニング施術の実績が豊富な歯科クリニックに相談し、老化による歯の黄ばみも改善していきましょう。

老化による歯の黄ばみは、歯磨きをしていても起きてしまいます

若い頃は比較的歯も白かったのに、段々歯の黄ばみが目立つようになってきたと悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

歯の黄ばみというと、やはりカレーやコーヒー、赤ワインなどのステインによる着色や、煙草のヤニによって付いてしまうイメージを持っている方も多いかと思いますが、実は老化によっても歯は黄ばんでしまうものなのです。

若い頃の歯は色が白いだけではなく、明るさやツヤも見られ若々しく白い状態であることが多いですが、年齢を重ねていく内に明るさやツヤがなくなりくすんで見えるようになります。

さらに、色も黄ばんで見えてしまうのです。

老化によって起こる歯の黄ばみは、歯を構成している象牙質が関係しています。

象牙質の色は老化によって黄色みが強くなり、半透明のエナメル質からもハッキリとした色が出てきてしまいます。

そのため、年齢を重ねていく内に黄ばみが目立ってきてしまうのです。

老化は自然現象なので、歯磨きを一生懸命しているのに黄ばんでしまうのは仕方ないことでもあります。

沈着汚れの場合は時間が過ぎていくと黄ばみも除去しづらくなってしまいます


上記で紹介したように、歯の象牙質の黄色みが強くなってしまうことで黄ばんで見えるようになるのですが、実はそれ以外にも年齢と共に蓄積されてしまう「沈着汚れ」も歯の黄ばみの要因となっている可能性があります。

沈着汚れというのは、ステインなどによる着色汚れとは異なり、これまでに溜まった沈着物による汚れです。

エナメル質は、「エナメル小柱」というリン酸とカルシウムの化合物が集まってできた柱のようなものが連なってできています。

このエナメル小柱は柱と柱の間にごくわずかな隙間が生じているのです。

若い頃はまだエナメル小柱の隙間がまだあるため、光が通っても色んな隙間に入り込んだり、散乱したりすることによってエナメル質の色だけが目立ち、エナメル質の奥にある象牙質までは光がほとんど届かないため白く見えます。

しかし、年々そのわずかな隙間に汚れが蓄積され、エナメル小柱の隙間が埋まってしまうと、光が散乱することなく真っ直ぐエナメル質を通過してしまうので、象牙質の色が透けて見えるようになり、象牙質の黄色によって黄ばんで見えてしまうのです。

この沈着汚れは表面的な汚れではなく、エナメル質に埋まってしまった汚れになるので、単純に歯磨きをしていても黄ばみを除去することは難しいと言えます。

老化による歯の黄ばみを改善するならホワイトニングを活用しましょう

老化による歯の黄ばみは自然現象として発生してしまうもので、いくら歯磨きを頑張っていたとしても少しずつ黄ばみが目立つようになってきてしまいます。

老化による歯の黄ばみが気になる場合は、歯科クリニックでのホワイトニング施術を活用しましょう。

ホワイトニングでは様々な理由で変色してしまった歯を白くすることもできるため、老化による歯の黄ばみにも効果が期待できます。

白い歯にする方法はホワイトニング以外にも表面を削って白くするという方法もありますが、歯の表面を削るよりもホワイトニングの方が歯への負担も少なく、歯の内側から白くしていくので、元々の歯以上の白さも期待できるでしょう。

ホワイトニングを行うなら、施術実績の豊富な歯科クリニックを選ぶことで、自身に合ったホワイトニング施術を提案してもらうことも可能です。

特に、一つのホワイトニング方法だけを行っているクリニックよりも、複数のホワイトニング施術を可能としているところの方が、より自身に合ったホワイトニングを行うこともできるでしょう。

老化による歯の黄ばみが気になっている方は、ぜひホワイトニング実績が豊富で、様々なホワイトニング施術を提供しているクリニックを選びましょう。

(まとめ)老化も歯の黄ばみの原因になるって本当?

1.老化によって歯の黄ばみが目立ってしまうこともあります

歯の黄ばみはステインによる着色汚れだけではなく、老化によっても目立ってしまうことがあります。

歯磨きだけでは改善できないこともあるので、歯を白くしたい場合はホワイトニング実績が豊富な歯科クリニックに相談するようにしましょう。

2.老化による歯の黄ばみは、歯磨きをしていても起きてしまいます

若い頃に比べると歯が黄ばんできたという方は、着色汚れだけではなく老化によって黄ばんでいる可能性もあります。

歯の象牙質は歳を重ねていくと段々黄色みが強くなり、その結果歯も黄ばんで見えてしまうようになるのです。

3.沈着汚れの場合は時間が過ぎていくと黄ばみも除去しづらくなってしまいます

沈着汚れはエナメル質のわずかな隙間に年々汚れが蓄積されてしまうことで、光がエナメル質を通り抜けてしまい象牙質の色をより通してしまうので黄ばんで見えてしまいます。

沈着汚れを歯磨きで取り除くことはかなり難しいと言えるでしょう。

4.老化による歯の黄ばみを改善するならホワイトニングを活用しましょう

老化による歯の黄ばみが気になる場合は歯科クリニックでホワイトニング施術を行いましょう。

クリニックを選ぶ時はホワイトニング実績が豊富なことと、様々なホワイトニング施術を提供していることが重要です。

自分に合ったホワイトニングを行いましょう。

52
Return Top