湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の裏側の黄ばみは何が原因で付いてしまうの?

歯の裏側の黄ばみは加齢や生活習慣などが原因に挙げられます


目立ちやすい歯の表面だけではなく歯の裏側にも黄ばみが目立つようになり、気になっている方もいらっしゃるかと思いますが、裏側の黄ばみに関しても表面と同じ原因が関係している可能性が高いです。

特に、加齢や生活習慣によって引き起こされている可能性があります。

また、ミュースタンス菌による歯の脱灰が進んでしまうことでも黄ばんで見えてしまうことがあるのです。

歯の裏側の黄ばみは加齢や生活習慣によって引き起こってしまうこともあります

元々歯の色というのは、歯の内側にある象牙質という部分の色であり、象牙質を覆っているエナメル質は本来白ではなく半透明色をしています。

そのため、生まれつき象牙質が少し黄色っぽい人もいれば、真っ白な人もいるのです。

また、エナメル質の透明度や歯の凸凹などで光が散乱することにより、歯の色が変化して見えることもあります。

そんな歯の色ですが、表面だけではなく歯の裏側まで黄ばんでしまうのは加齢や生活習慣が関係していると言えるでしょう。

加齢によって歯の裏側まで黄ばんでしまうのは、象牙質の色が加齢に伴い濃くなっていくためだと考えられます。

また、エナメル質には見えない程の隙間があり、若い時はこの隙間によって光が乱反射され、白く見られます。

しかし、年齢を重ねていく内にエナメル質の隙間が埋まっていき、光が反射せずにそのまま象牙質の色を反射させてしまうので、より黄ばんで見えてしまうのです。

もう一つの理由である生活習慣というのは、食生活などが挙げられます。

タンニンやカテキンなどが含まれているコーヒー・紅茶・烏龍茶、ポリフェノールが含まれる赤ワインやチョコレートなどは歯に色素が沈着する原因となります。

また、着色料が含まれている醤油やケチャップ、カレー粉なども、歯に色素の残る原因になるでしょう。

そのほか、食べものだけではなく、煙草のヤニが歯に付いてしまうことでも黄ばみにつながってしまうのです。

ミュータンス菌の増殖による脱灰で黄ばんで見える場合もあります


加齢や生活習慣にも少し関与しているのですが、上記で紹介した歯の裏側の黄ばむ原因以外にも、注意しておかなくてはならない原因があります。

それは、ミュータンス菌の増殖による脱灰です。

ミュータンス菌とは、虫歯を作る菌としても知られており、料理やお菓子に含まれている糖分をエサにして増殖していきます。

ミュータンス菌が酸を分泌してしまうことで、エナメル質に含まれているカルシウムやリン酸といったミネラル分が溶けてしまう「脱灰」が引き起こってしまうのです。

通常は唾液の働きによってミネラル分を元に戻す再石灰化が行われるのですが、再石灰化が脱灰のスピードに追いつかなくなってくるとエナメル質の表面は溶けてしまったままで、目には見えない凸凹ができてしまいます。

この凸凹に光が乱反射を起こし、象牙質の色を際立たせてしまい、黄ばんでいるように見せてしまっているのです。

再石灰化が脱灰のスピードに追いつかなくなってしまうのは、食べカスが口内に残っていたり、だらだらとお菓子を食べたりすることで起こりやすくなる可能性があります。

歯の裏側の黄ばみが気になる方は、ホワイトニングを利用してみましょう

歯の裏側の黄ばみを改善するためには原因を取り除くことも重要ですが、加齢など改善が難しいものもあれば、色素がすでに沈着していて歯磨きだけでは歯の白さを取り戻すことも難しいでしょう。

もし、歯の裏側の黄ばみが気になっている方は、歯科クリニックのホワイトニングを利用してみてはいかがでしょうか。

ホワイトニングの施術方法には様々な方法がありますが、歯の裏側が気になる方におすすめなのが歯科クリニックで施術を行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」の2つを取り入れた「デュアルホワイトニング」という方法です。

この施術では2つを取り入れることにより、オフィスホワイトニングのデメリットだった「効果が長続きしない」という点、ホームホワイトニングのデメリットだった「施術が長期間かかる」という点を解消した施術になります。

歯の黄ばみの状態によっても異なりますが、1ヶ月程度を目安に理想的な白さを手に入れられる場合もあるので、ぜひデュアルホワイトニングを提供している歯科クリニックに相談してみましょう。

(まとめ)歯の裏側の黄ばみは何が原因で付いてしまうの?

1.歯の裏側の黄ばみは加齢や生活習慣などが原因に挙げられます

歯の裏側の黄ばみは加齢や生活習慣が原因となっている可能性があります。

また、ミュータンス菌が増殖することによって脱灰が起き、黄ばみを引き起こしていることも考えられます。

2.歯の裏側の黄ばみは加齢や生活習慣によって引き起こってしまうこともあります

加齢では、象牙質の色が濃くなったり、エナメル質の隙間が埋まり光が散乱されなくなったりするので黄ばみが生じてしまいます。

また、生活習慣では色素沈着を引き起こす成分を含む食べもの・飲料をよくとっていたり、煙草のヤニによって生じたりする場合があります。

3.ミュータンス菌の増殖による脱灰で黄ばんで見える場合もあります

ミュータンス菌の増殖によって引き起こる脱灰は、エナメル質に含まれているカルシウムやリン酸などを溶かしてしまい、エナメル質の表面を凸凹にしてしまいます。

そこに光が乱反射し、象牙質の色を際立たせてしまうので、黄ばみが目立ってしまうのです。

4.歯の裏側の黄ばみが気になる方は、ホワイトニングを利用してみましょう

歯の裏側の黄ばみが気になるなら、歯科クリニックに相談しホワイトニング施術を受けてみましょう。

特に、おすすめなのがオフィスホワイトニングとホームホワイトニングそれぞれのデメリットが解消された「デュアルホワイトニング」です。

49
Return Top