湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

銀歯でも変形してしまうのは本当?

いくら金属でも銀歯が変形してしまうことはあります


虫歯を改善するための施術では、昔から虫歯になってしまった歯の代わりに銀歯を差し入れることが多く見られました。

銀歯は金属なのでかなり固く、丈夫なのですが、長年使っていればいつの間にか変形などを引き起こし、いずれは虫歯に再びかかってしまう可能性もあります。

また、歪みによって全体の歯並びに影響してしまうこともあるでしょう。

インレー修復の場合でも同じように虫歯の再発や歯並びへの影響が考えられるので、注意が必要です。

銀歯も長年使っていれば変形する可能性があります

これまで虫歯になると、虫歯になっていた歯を抜いて銀歯を差し入れたり、虫歯部分を削ってその表面に鋳造されたインレーをくっつけるインレー修復を行ったりしています。

銀歯には優れた耐久性があることや、比較的安価に作れることなどのメリットから利用されることが多かったのですが、それでも銀歯を入れた後に周りの歯に虫歯ができてしまったり、インレー修復をした歯に虫歯が再発していたりするケースも見られるのです。

なぜ銀歯を入れているのに再び虫歯になってしまう可能性があるのかというと、銀歯が長年使っていることによる変形が要因の一つだと考えられるでしょう。

例えば、長年金属を使っていると、色のツヤがなくなってくすんでいくだけではなく、形も少し変形してきます。

それと同じように口内にある銀歯でも唾液や食べものに触れていることで劣化・変形が見られるようになってしまうのです。

銀歯部分が変形してしまうと、変形した隙間にプラークが入り込み、虫歯を再発させてしまう要因へとつながってしまいます。

銀歯は変形以外にもさまざまなデメリットが生じるので注意が必要です


銀歯は強度が高いものの、上記でご紹介したように長年口内の中にあることで変形していく可能性もあります。

実は、これ以外にもデメリットがいくつかあり、注意が必要です。

歯茎が黒ずんでくる

銀歯周辺の歯茎が黒ずんでくることがあります。

これは、銀歯から金属イオンが溶け出し、時間をかけて歯茎を黒くしてしまいます。

銀歯に汚れが溜まってしまう

銀歯の表面には肉眼ではほとんど見えないような小さい傷がたくさんあります。

その傷に汚れが溜まってしまう場合があるのです。

歯磨きをしても銀歯の傷の中に入り込んでしまった汚れはなかなか取り除くことはできません。

その汚れに細菌が繁殖し、口臭の原因につながる可能性もあります。

見た目があまり良くない

銀歯は天然歯とは異なるため、見た目でとても目立ってしまいます。

特に前歯は笑った時に銀歯が見えてしまうので、見た目の印象に大きく関わってきてしまうでしょう。

銀歯は強度があり、比較的安価で利用することができますが、これらのデメリットによって定期的なメンテナンスは欠かせません。

そのため、結局ランニングコストがかかってしまう場合も考えられます。

セラミッククラウンなら長年美しい歯にすることもできます

銀歯だと変形や黒ずみ、見た目が美しくないなどの様々なデメリットが挙げられますが、そんなデメリットが気になるという方は、「セラミッククラウン」での施術を検討してみてはいかがでしょうか。

セラミッククラウンとは、素材にセラミックを使った差し歯や被せ物であり、金属を一切使っていないため、元々金属アレルギーを持っているという方にも対応することができます。

また、金属とは材質が違うため唾液を吸収することもなく、変形することもありません。

セラミッククラウンは天然歯に合わせた色で作ることも可能なので、銀歯で見られるような見た目の違和感も少ないです。

セラミッククラウンは自費による施術となってしまいますが、現在は審美歯科を中心とした多くのクリニックでも採用されている方法です。

いつまでも美しい歯でありたい、見た目的にも違和感のない歯にしたいという方は、ぜひセラミッククラウンを取り入れてみましょう。

(まとめ)銀歯でも変形してしまうのは本当?

1.いくら金属でも銀歯が変形してしまうことはあります

昔から虫歯になった時は銀歯を使って修復していましたが、銀歯は長年使っていると変形などを引き起こし、虫歯の再発や歯並び全体の歪みにつながってしまうことがあります。

インレー修復でもそのようなことが起きてしまう可能性があるので、注意が必要です。

2.銀歯も長年使っていれば変形する可能性があります

銀歯は虫歯にかかった歯の代わりに使用されてきましたが、長年放置していると変形して歪みを生じ、そこにプラークが入り込んで虫歯になる可能性があります。

インレー修復でもその可能性があるため気を付けなくてはなりません。

3.銀歯は変形以外にもさまざまなデメリットが生じるので注意が必要です

銀歯には長年使うことで変形する以外にも、歯茎が黒ずんできたり、気付かない内に汚れが溜まっていたり、見た目があまり良くないなどのデメリットが挙げられます。

維持するにはメンテナンスも欠かせないので、ランニングコストもかかってしまうでしょう。

4.セラミッククラウンなら長年美しい歯にすることもできます

銀歯だと変形や黒ずみ、見た目が美しくないなどのデメリットがありますが、セラミッククラウンならそのようなデメリットもありません。

金属とは材質が異なるため、唾液を吸収せず変形することもないでしょう。

セラミッククラウンで美しい歯を維持しましょう。

403
Return Top