湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

銀歯の横の歯が虫歯になることはある?

銀歯の横の歯が虫歯になる可能性はあります


銀歯をつけた隣の歯が虫歯になる可能性は十分にあるので、日々のケアや定期的なメンテナンスは欠かせません。

強度のある銀歯ですが、表面は傷つきやすく、わずかに隙間も開いているので、そのような部分に汚れや虫歯菌が溜まりやすいです。

なので、口腔環境が悪いと銀歯をした歯だけではなく、周辺の歯にも影響を与えるでしょう。

銀歯は虫歯の再発予防が大切です

銀歯は虫歯の再発率が80%とかなり高いので、再発予防を心がけましょう。

そもそも銀歯の横の歯で虫歯ができてしまう理由は、銀歯と隣の歯の間に隙間ができ、そこに細菌が溜まったことが考えられます。

銀歯は天然の歯よりも硬いため、噛み合わせの歯や横の歯が少しずつすり減ったり、欠けてきたりすることがあるのです。

隙間ができれば汚れや歯垢、細菌が溜まってしまい、ケアが劣れば横の歯に虫歯が発生する可能性があります。

また、銀歯の下にも虫歯はできやすいです。

銀歯は削った歯と適合しているのではなく、取れないように形をつくり、セメントで隙間を埋めて接着させています。

セメントは噛み合わせや唾液の影響で年数が経つと減ってしまうので、隙間が現れてしまい、そこから細菌が感染してしまう可能性があるのです。

銀歯の表面は噛み合わせや歯ブラシなど様々なもので傷が入りやすく、口内の水や酸の影響で錆び表面が凸凹になる劣化もみられます。

傷や凸凹部分にも汚れや細菌が溜まりやすく、その上歯ブラシで取り除きにくいので銀歯や周辺の歯に虫歯が発生することがあるのです。

虫歯を再発すると銀歯が増えたり、銀歯の下なら大きく削る必要があったりするので、再発を防止することが大切と言えます。

セラミックは仕上がりの良と安全性を兼ね備えています


虫歯のリスクを軽減したい場合は、審美性と安全性に優れたセラミック施術がおすすめです。

銀歯からセラミックに変えることで、次のメリットがあります。

見た目が自然

セラミックは白い素材なので銀歯よりも目立ちません。

さらに透明感やツヤ感も天然の歯に近いので、銀歯が目立って嫌だと思っている人には嬉しいメリットです。

劣化しにくく汚れにくい

セラミックは劣化しにくく、変色もほとんどないので長く使い続けることができます。

銀歯は表面が傷つきやすい欠点がありますが、セラミックはコーティングされているので傷が付きにくいです。

なので、傷に汚れが入りこむことが少ないので、きれいな状態を長期的に維持できます。

虫歯は銀歯の劣化で起きるので、劣化しにくいメリットは虫歯のできにくさにも関わっていると言えます。

精度が高い

銀歯は抜けないように工夫してつくられていますが、はめ込む歯の形にぴったり合うようにつくられてはいません。

セラミックはお客様の歯の模型からスキャナーを使い、データ化して設計・制作しているので、銀歯よりも歯にぴったり合います。

歯とぴったり合えば細菌が侵入しにくくなるので、虫歯になるリスクも低くなるわけです。

金属アレルギーやブラックラインの影響がありません

セラミックの補綴物にした場合、金属アレルギーやブラックラインの影響を受ける心配がなくなります。

銀歯に含まれる金属イオンが唾液に溶け出し、体内に取り込まれてたんぱく質と結合すると、免疫機能は敵と認識してアレルギー反応を起こします。

パラジウムや銀、金でアレルギー反応を起こすことがある人は、銀歯によってアレルギー症状が発生する恐れがあるでしょう。

また、溶け出した金属イオンが歯茎に沈着すると、歯と歯茎の間に黒い線が表れます。

この状態をブラックラインと呼び、審美性を悪くさせてしまうでしょう。

特に歯茎が痩せて歯根が露出した状態になると、ますます目立ちやすくなります。

セラミックは金属を使わないため、金属アレルギーやブラックラインにつながる心配もありません。

安全性と審美性を兼ね備えた素材なので、銀歯に抵抗がある人はセラミックインレーやセラミッククラウンへの交換がおすすめです。

セラミック施術の実績が豊富な専門医に相談してみましょう。

(まとめ)銀歯の横の歯が虫歯になることはある?

1.銀歯の横の歯が虫歯になる可能性はあります

銀歯は傷や隙間に汚れや虫歯菌が溜まりやすいので口腔環境が悪くなり、銀歯の歯やその周辺の歯に悪影響を与えることがあります。

他の歯も虫歯になる可能性があるので、毎日の歯磨きや定期健診は大切です。

2.銀歯は虫歯の再発予防が大切です

硬い銀歯は隣の歯をすり減らせたり、欠けさせたりすることがあり、できた隙間に細菌が溜まると周囲の歯が虫歯になることがあります。

表面にできた傷や錆びによる凸凹も口腔環境を悪くする原因なので、お家や歯科医院でのケアに徹底しましょう。

3.セラミックは仕上がりの良と安全性を兼ね備えています

白い素材のセラミックは金属でできている銀歯よりも自然な見た目で、劣化しにくい、傷が付きにくいメリットもあるので審美性を保ちながら長く使うことができます。

歯に合わせて制作された補綴物は歯としっかり合うため、虫歯になりにくいです。

4.金属アレルギーやブラックラインの影響がありません

銀歯に含まれる金属イオンは金属アレルギーの原因になり、さらに歯茎に沈着すると黒いラインが歯茎に現れることがあります。

セラミックは金属イオンを含まないのでアレルギーや歯茎の変色の心配がほとんどないので、気になる方は専門医に相談しましょう。

71
Return Top