湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

銀歯の前歯をラミネートベニアするメリットは?

銀歯からラミネートベニアに変更するメリットは、見た目の良さです


目立つ歯の銀歯をラミネートに変えることで、美しい歯を取り戻せることがメリットです。

銀歯は金属を用いているので色が目立ちますが、ラミネートベニアは白いセラミックを用いたチップを張り付ける施術になります。

セラミックは天然の歯のように光を通す素材なので、自然で美しい歯に仕上げることが可能です。

銀歯の目立ちだけではなく、ホワイトニングでも汚れが落とせない歯を白くする方法としても効果的な施術になります。

歯の形や隙っ歯も手軽に改善できます

前歯の形や隙っ歯が気になる方も、ラミネートベニアなら白さと一緒にきれいな形と歯並びの歯を手に入れることが可能です。

銀歯は歯の形に合わせてはめ込むので、歯の形や隙っ歯の改善には向きません。

しかし、ラミネートベニアで使用するセラミックのチップは形やサイズを調整できるので、色だけではなく、形や歯並びを改善し、より審美性の高い歯に仕上げることが可能です。

ラミネートベニアは施術が手軽な点もメリットでしょう。

銀歯をセラミックに変更する場合、大掛かりな施術をイメージされる方も多いと思われますが、ラミネートベニアは歯の表面を0.5mmから0.7mm程度削り、初日は仮歯を付けて終わりです。

2日目は強力な接着剤でセラミックシェル(セラミックのチップ)を接着させ、光でチップを固定し、研磨で歯の表面を磨いて、噛み合わせを調整すれば施術は終わりです。

削る部分が少ないので痛みも少なく、施術したい歯の本数は少ない方も気軽に施術を受けることができます。

ラミネートベニアは体に優しく長期的に使用することが可能です


セラミックは審美性だけではなく、丈夫な上に体に優しい素材です。

銀歯は金属を使用しているので、金属アレルギーを引き起こす可能性がありますが、基本的に金属を使用していないセラミックはアレルギーを起こしにくいメリットがあります。

また、セラミックは汚れや色素が付着しにくく、歯磨きでも落としやすいので長期間白い歯を維持することが可能です。

同時に、汚れの付きにくさは虫歯や歯周病の予防にも役立ちます。

銀歯は経年劣化で接着が弱まったりすることなどが原因で、歯と銀歯の間に隙間ができてしまいます。

その隙間に汚れやプラークが溜まると細菌が繁殖し、隙間から細菌が侵入すると銀歯の中で二次カリエス(虫歯)ができてしまうのです。

銀歯を被せていると二次カリエスになっていることに気付きにくく、気付いた頃にはかなり進行している可能性があります。

ラミネートベニアは接着力に優れている上に、汚れを落としやすいので銀歯よりも虫歯になりにくいと言えます。

毎日のケアに定期健診を加えれば、ラミネートベニアをより長持ちさせることが可能です。

ラミネートベニアもデメリットがあります

ラミネートベニアはメリットが多い施術ですが、デメリットもあるので理解しておきましょう。

保険適用外である

ラミネートベニアは保険が適応されない施術なので、医療費が高くなってしまいます。

施術を行う本数が多いほど医療費が高くなるので注意しましょう。

なお、ラミネートベニアは破損の保証がついていることがあるので、保証内容をしっかり確認しておくことをおすすめします。

取れてしまう可能性がある

ラミネートベニアの寿命は10年から20年とされていますが、硬いものを噛んだ時や、歯ぎしり、噛みしめなどが原因でチップが取れてしまうことがあります。

破損の放置も寿命を縮める原因になるので、メンテナンスを怠らないことが長持ちさせる秘訣です。

また、長く使うためには歯とチップがしっかり合わさること、きちんと接着させることという2つの条件が重要なので、歯科医師の診断力や技術力も仕上がりを左右するので、歯科医院選びにも注意が必要でしょう。

このように、ラミネートベニアは費用や取れやすさのデメリットがあるので、実績が豊富で施術後のケアや指導も徹底している歯科医院への相談が望ましいです。

施術を行う銀歯や歯の状態によってはセラミッククラウンやセラミックインレーなどが適している場合もあるので、銀歯をセラミックに変えたい場合は専門医から適切なプランを提案してもらいましょう。

(まとめ)銀歯の前歯をラミネートベニアするメリットは?

1.銀歯からラミネートベニアに変更するメリットは、見た目の良さです

ラミネートはセラミックのチップを貼りつける施術です。

メリットは金属の銀歯よりも自然な白い歯に仕上げられることで、汚れがひどい歯を白くする手段としての施術もおすすめします。

2.歯の形や隙っ歯も手軽に改善できます

セラミックのチップは色だけではなく、形や隙っ歯の改善にも効果的なので、歯の形が悪いことがコンプレックスな方にも適しています。

わずか0.5mm前後しか削らないので痛みが少なく、施術は2回で完了するので、施術の手軽さもメリットです。

3.ラミネートベニアは体に優しく長期的に使用することが可能です

ラミネートベニアは金属を使用しないので、金属アレルギーを起こす心配がありません。

汚れや色素が付着しにくいので審美性を長期的に維持できるだけではなく、清潔な状態が保たれやすいので二次虫歯のリスクが少なく、体に優しいです。

4.ラミネートベニアもデメリットがあります

ラミネートベニアは保険適用外なので費用が高く、また歯科医師の経験や技術力が仕上がりを左右します。

食べものを食べる時や悪癖によってチップが取れることもあるので、メンテナンスがしっかりしており、実績豊富な歯科医院に相談しましょう。

58
Return Top