湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

ブラケット矯正後は銀歯のつくり直しが必要?

ブラケットでの歯列矯正後は銀歯のつくり直しが必要です


ブラケットで歯列矯正を行った場合、全ての銀歯をつくり直さなければなりません。

歯列矯正により歯が動くと、少し位置がずれるだけでも装着している銀歯が合わなくなる可能性があるので、銀歯のつくり直しか再調整が必要になってくるのです。

部分矯正の場合は銀歯と関係ない位置の矯正なら、基本的につくり直しする必要はありません。

銀歯にとって1mmの誤差も大きな誤差となります

歯列矯正は歯を数ミリ動かすことになりますが、銀歯にとってわずか1mmの移動であっても、大きな誤差となってしまいます。

歯の施術はミクロン単位で細かく微調整しており、歯を削る時や銀歯を被せる時は特に繊細さが求められます。

銀歯は噛んだ時の高さ、隣の歯との接触度合い、被せ物と歯茎の重なり具合など、緻密に計算された上でつくられているのです。

口内での1mmはとても大きなものとなるので、銀歯にとっても深刻な誤差となりかねません。

矯正施術の場合、歯並びの悪さに応じて移動の大きさも変わってくるので、1mmでは済まないケースがほとんどです。

歯並びが悪いほど歯の移動も大きくなるので、銀歯が合わなくなる可能性は高くなります。

ただし、部分矯正の場合はブラケットの装着が一部となるので、銀歯をつけている場所を関係ない位置であれば、歯が動いても銀歯に大きな影響はありません。

銀歯が多い場合は部分矯正でも影響が出る可能性が高くなるので、場合によってはつくり直しが必要になります。

歯列矯正では銀歯のつくり直しや再調整は想定の範囲内であり、無調整の方が少ないので、お客様もその点を理解しておきましょう。

セラミック矯正は歯を動かしません


歯科矯正の一つにセラミック矯正というものがあり、この施術なら美ラケットとは異なり、歯を動かすことがありません。

セラミック矯正はブラケットの装着により歯を動かす方法ではなく、歯並びが気になる歯を削り、セラミック製の被せ物をすることで歯並びを整えられる方法です。

歯を動かさないので銀歯のつくり直しが不要、または一部の銀歯のつくり直しで済ませることができます。

銀歯をつけている部分の歯を矯正したい場合は、銀歯を外してセラミックの被せ物にすることも可能です。

セラミックは白い素材で天然の歯に近い見た目に仕上げることができ、丈夫で清潔性を保ちやすいことも利点です。

また、歯列矯正は弱い力をかけてゆっくり歯を動かすので、歯並びの悪さにもよりますが、2年前後はかかるでしょう。

銀歯は二次虫歯になるリスクがあるので、歯科矯正中の虫歯施術にも配慮が必要です。

その点、セラミック矯正は歯を動かす必要がないので、早くて2ヶ月、長くても数ヶ月で完了させることができます。

ただし、セラミック矯正では健康な歯を削る必要があるので、既存の歯の寿命が下がることが欠点です。

毎日の歯ブラシや定期健診を怠らなければ、虫歯や歯周病が発生するリスクは少ないので、セラミック矯正後は歯のケアは徹底しましょう。

金属アレルギーが心配ならセラミックインレーにしましょう

ブラケット矯正により銀歯のつくり直しが必要な場合、金属アレルギーを心配される方はセラミックインレーがおすすめです。

銀歯に含まれる金属は体に安全なものですが、劣化すると金属アレルギーの原因となる金属イオンが溶け出しやすくなります。

金属アレルギーが無縁だった人でも、溶け出した金属イオンが体内に溜まると金属アレルギーの症状を引き起こす可能性があるのです。

アレルギーが発症したら銀歯を取り除き、メタルフリーの詰めものに変更することが求められます。

セラミックインレーは金属を含まないセラミックを用いた詰めものなので、メタルボンドの使用でない限り金属アレルギーになる心配はありません。

ブラケット矯正で銀歯のつくり直しが必要になった場合は、セラミックインレーに変えるベストのタイミングでしょう。

もちろん、歯列矯正を予定していない方でもセラミックインレーを受けることは可能なので、金属アレルギーが心配な方は交換をおすすめします。

セラミックインレーもセラミック矯正と同じく審美性に優れ、強度も安全性も銀歯に劣りません。

見た目や安全性にこだわりたい方はセラミックを用いた施術について、医師に相談してみましょう。

(まとめ)ブラケット矯正後は銀歯のつくり直しが必要?

1.ブラケットでの歯列矯正後は銀歯のつくり直しが必要です

ブラケットを用いた歯列矯正は歯の位置がずれるので、銀歯が合わなくなってしまうことがあります。

銀歯に影響しない部分矯正を除き、合わなくなった銀歯を改善するために、歯列矯正後に銀歯のつくり直しや再調整が必要になることがあるのです。

2.銀歯にとって1mmの誤差も大きな誤差となります

銀歯は噛んだ時の高さ、隣の歯の接触など細かく調整された上でつくられているので、歯が1mmでも動いてしまうと、銀歯が合わなくなることがあります。

特に歯並びが悪いほど歯の移動が大きいので、銀歯のつくり直しや再調整が必要になる可能性が高いです。

3.セラミック矯正は歯を動かしません

セラミック矯正は歯を削って被せ物をする矯正なので、銀歯に対する影響も少なく、つくり直しはほとんど必要ないでしょう。

見た目も美しく、施術期間が短いといったメリットがありますが、健康は歯を削ることがデメリットなので、ケアの徹底が求められます。

4.金属アレルギーが心配ならセラミックインレーにしましょう

銀歯の劣化により金属イオンが溶け出し、それが蓄積されると金属アレルギーの症状を引き起こす可能性があります。

アレルギーが心配な方や銀歯のつくり直しが必要な方は、金属を使わないセラミックインレーへの交換を医師に相談してみてください。

52
Return Top