湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

銀歯はひび割れすることがある?

銀歯は金属を使っているのでひび割れに強いです


銀歯の素材は歯よりも硬いとされる金属を使っているため、ひび割れのリスクはほとんどありません。

日本の場合は、銀歯の素材に金銀パラジウム合金を使用することが多いです。

銀やパラジウムは金属アレルギーになりやすい物質が含まれているので、比較的安全な金を合金することで安全性を高めています。

とても丈夫なのでひび割れの心配はありませんが、咬耗により、歯の根っこが破損したり、歯が欠けたりするリスクはあります。

銀歯は二次虫歯のリスクがあります

強度のある銀歯ですが、デメリットとして二次虫歯になるリスクがあります。

銀歯はセメントで歯と接合していますが、このセメントは金属が異物とぶつかる衝撃で発生する電流などの影響で溶け出し、接着力が次第に衰えてしまうでしょう。

そうなると、銀歯と歯に隙間ができ、プラークが溜まると虫歯菌が増え、銀歯の下に侵入して再び虫歯になってしまうのです。

また、咬耗により欠けた歯と段差ができ、その影響で隙間ができてしまうことがあるでしょう。

その隙間が虫歯菌が侵入する原因になることもあります。

口腔内は湿気が強く、また酸性やアルカリ性に傾くこともあり、温度の変化も激しいです。

その中に晒されている銀歯は年月と共に腐食し、錆びてしまうでしょう。

この錆びも金属の強度を弱める原因となり、銀歯と歯に隙間ができてしまう恐れがあります。

銀歯は噛み合わせで表面に傷がつき、溝に汚れが溜まることもあります。

溜まった汚れは歯ブラシでは落としにくいことも多いので、衛生環境が悪く、細菌が繁殖しやすくなっている可能性もあるでしょう。

銀歯は虫歯の再発リスクがあるので、予防に専念する必要があります。

金属アレルギーのリスクもあります


銀歯は金属アレルギーのリスクが低い金を使っていますが、主体となる素材は銀やパラジウムとなるので、金属アレルギーになるリスクがあります。

そもそも金属アレルギーは、金属に含まれる金属イオンが起因します。

口腔内に金属を詰めると唾液に金属イオンが溶け出し、その金属イオンが体内のたんぱく質と結合すると、体は異物と認識して免疫システムが機能します。

たんぱく質と結合した金属イオンを攻撃するため、その反動で発疹や肌のかゆみなどのアレルギー反応を引き起こすのです。

金と比べて銀やパラジウムは金属イオンが溶け出しやすい金属です。

特にパラジウムは銀よりも溶け出しやすいため注意が必要でしょう。

それならオール金だと安心ですが、保険適用範囲で銀歯を付けるとなると合金素材となってしまい、オール金は自己負担となり費用も高くなってしまいます。

銀歯をする際は金属アレルギーでないか、事前に把握することが大切です。

今は特に異常がみられなくても、銀歯をつけたことをきっかけに金属アレルギーを発症するリスクは十分にあります。

心配な方は皮膚科などでアレルギー検査を受け、アレルギーのリスクがある場合はメタルフリーの被せ物が望ましいです。

セラミックなら審美性に優れ安全性も高いです

金属以外にセラミックも詰めものとして使われており、銀歯に比べて審美性と安全性に優れているメリットがあります。

強度は銀歯の方が優れていますが、銀歯は金属の色が目立つので人前で口を開けることが恥ずかしいという方も少なくないでしょう。

セラミックインレーは白い詰めものなので、天然の歯に近い見た目にすることが可能です。

また、セラミックには金属が含まれないので、金属アレルギーの心配がないことも魅力でしょう。

ただし、使用するセラミックがメタルボンドの場合は金属を用いているので、それ以外であるか専門医に確認するようにしてください。

銀歯の寿命は平均5年とされており、接着が悪くなったり、金属が劣化したりします。

セラミックにも寿命はあるものの、金属に比べて接着剤が剥がれたり、溶け出したりすることがないので、10年は使用でき、メンテナンスを怠らなければもっと長い間使用することが可能です。

審美性や安全性、長持ちすることを重視される方は、セラミックインレーが受けられる歯科医院にご相談してみてください。

(まとめ)銀歯はひび割れすることがある?

1.銀歯は金属を使っているのでひび割れに強いです

銀歯は金属アレルギーのリスクを軽減するために、金銀パラジウム合金を用いており、歯より硬度が高いのでひび割れを起こすリスクは低いです。

ただし、咬耗により歯が破損する可能性はあります。

2.銀歯は二次虫歯のリスクがあります

丈夫な銀歯は年月が経てば接着剤の役割を持つセメントの劣化や、咬耗による欠けた歯との段差、金属の錆びなどが原因で、歯と銀歯の間に隙間ができ、そこに虫歯菌が侵入して虫歯を再発する恐れがあります。

銀歯にする場合は虫歯の再発予防が欠かせません。

3.金属アレルギーのリスクもあります

銀歯に用いられる銀やパラジウムは金属イオンが溶け出しやすく、体内でたんぱく質と結合するとアレルギー反応を引き起こすことがあります。

金属アレルギーに悩まされる可能性があるので、アレルギー検査で問題ないか確認することが大切です。

4.セラミックなら審美性に優れ安全性も高いです

セラミックインレーは白い素材なので自然な見た目で、金属を含まないので金属アレルギーも心配ありません。

メンテナンス次第で10年以上使えるので、審美性や安全性を重視する場合はセラミックインレーができる歯科医院に相談しましょう。

60
Return Top