湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

銀歯の隙間を放置しておくとどうなる?

銀歯の隙間を放置しておくと虫歯や口臭の原因となります


銀歯は時間が経つにつれ、さまざまな原因で歯との間に隙間が生じます。

この隙間を放置すると、虫歯や口臭、さらに深刻な病気を引き起こす危険があるため、早急にケアしましょう。

施術方法としてはこまめに銀歯をメンテナンスするほかに、銀歯ではなく詰め物としてセラミックインレーを選択する人も増えているようです。

セラミックインレーは銀歯に比べて経年劣化による隙間が発生しにくいのが特徴です。

銀歯の隙間は虫歯や口臭の発生につながります

銀歯は長年使用していると、次のような原因から歯との間に隙間が生じます。

  • 経年劣化
  • 接着剤の剥離
  • 歯並び
  • ゆがみ

これらの原因で生じた隙間を放置しておくと、その隙間に食べかすが詰まってしまいます。

隙間に詰まった食べかすは、歯磨きなどでは簡単に取り除くことができず、その場に留まり続けることになるのです。

するとこの食べかすは、口内の水分や酸と反応して、発酵・腐食が進み、悪臭・異臭を発生させ、強烈な口臭のもととなりかねません。

またこの食べかすは、虫歯の進行も促進させます。

銀歯と歯の間にある食べかすから歯垢が形成され、虫歯菌が増幅し始めます。

これによりせっかく施術を受けた歯の周辺から、また虫歯が広がっていくことになるのです。

このように銀歯によって生じた隙間を放置しておくと、虫歯や口臭を発生させる原因となります。

このようなことにならないよう、虫歯や口臭が発生しないような施術や、銀歯のこまめなメンテナンスを行いましょう。

施術を受けた後に歯との間に隙間が生じにくい方法としてセラミックインレーが注目されています。

歯との密着度が高いセラミックインレーは虫歯の再発や口臭の発生を抑えられると言われているのです。

銀歯を長年使用していると歯との間に隙間が発生します


銀歯は長年使用していると歯との間に隙間が生じます。
その原因は次のものが考えられるでしょう。

経年劣化

銀歯は金属でできているため、口内の水分や酸と反応して徐々に錆びたり金属イオンが溶け出したりしていきます。

このことにより銀歯は少しずつ変形していき、せっかく治療した歯との間に隙間が生じるようになるのです。

接着剤の剥離

銀歯と歯を接着している接着剤が経年劣化して剥がれたり欠けたりすることでも隙間が生じるようになります。

歯並びの変化

加齢などの原因で歯が抜けると、歯並びが変化します。

歯並びが変化すると、銀歯を施していた歯への圧力も変化することで歯の形が変形することがあるのです。
歯の形が変形すると、銀歯とあわなくなり隙間が生じます。

噛む力

歯ぎしりが激しい人や普段から噛む力が強い人は、常に銀歯に強い圧力がかかっています。

そのため時間が経つにつれ銀歯の耐久力が減っていき、穴が空いたり変形したりして隙間ができる原因となるのです。

歯周病

歯周病にかかると歯茎が痩せて歯の高さが変わることがあります。

これにより銀歯と歯の間に隙間が生じることがあります。

これらの原因を突き止めて対策をとることが、虫歯や口臭の防止につながるでしょう。

セラミックインレーは歯との隙間が生じにくい施術です

銀歯で発生する隙間は虫歯や口臭の原因となります。

そこで銀歯よりも隙間が生じにくい虫歯の治療方法として、セラミックインレーという治療方法が注目されています。

セラミックインレーは、銀の代わりにセラミック(陶器)を虫歯の跡に詰める治療方法です。

次のような理由から、詰め物にセラミックを使うことで歯との間の隙間が生じにくくなります。

歯との密着度が高い

セラミックの詰め物は歯や虫歯の跡にあった形に近づけることができるため、密着度が高く隙間が少なくなります。

劣化しにくい

セラミックは非金属で劣化しづらいため変形による隙間は生じにくいです。

強固な接着剤を使える

銀歯に比べて強固な接着剤を使えるため、詰め物が歯から取れることが少なくなるでしょう。

汚れが落ちやすい

セラミックの表面はツルツルしており汚れが付着しづらく歯磨きで汚れを落とすことができます

再治療の際、すべてを取り替える必要がない

銀歯を再治療する場合、一旦すべてを取り除いてから新たな銀歯を取りつけるため新たに歯を削る範囲が大きくなり生じる隙間も大きくなります。

セラミックは再治療の際も最低限の範囲を除去するだけですみます。

(まとめ)銀歯の隙間を放置しておくとどうなる?

1.銀歯の隙間を放置しておくと虫歯や口臭の原因となります

銀歯の隙間を放置しておくと、虫歯や口臭、さらに深刻な病気を引き起こす危険があります。

こまめな銀歯の手入れのほかに、セラミックインレーで隙間をできにくくする方法もおすすめです。

2.銀歯の隙間は虫歯や口臭の発生につながります

銀歯によって生じる隙間を放置すると、そこに詰まった食べかすが原因で虫歯が再発したり、口臭が発生したりします。

これらを防ぐためには銀歯が劣化しないようにこまめにメンテナンスするか、歯との隙間が生じにくいセラミックインレーに変えるのがおすすめです。

3.銀歯を長年使用していると歯との間に隙間が発生します

銀歯は経年劣化や歯周病などさまざまな原因によって歯との間に隙間ができます。

こうした隙間ができる原因を突き止めて対策をとることが、虫歯や口臭の防止につながるでしょう。

4.セラミックインレーは歯との隙間が生じにくい施術です

セラミックインレーは、時間が経過しても歯と歯の間の隙間が生じにくいというメリットがあります。

そのためセラミックインレーは銀歯に比べて虫歯や口臭の防止効果が期待できます。

378
Return Top