湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

どうして銀歯が口臭の原因になるの?

銀歯の隙間に残った汚れが口臭の原因です


銀歯は口内の食べ物によって傷がついたり、経年劣化によって形が変わって歯との間に隙間ができたりします。

この傷や隙間に食べ物が入り込んでしまうと、異臭が発生するようになり、口臭の原因となります。

銀歯による口臭を防ぐには、銀歯を定期的にメンテナンスするか、歯との密着度が高く隙間が生じにくいセラミックインレーを選びましょう。

銀歯についた傷や隙間が口臭の原因となります

銀歯は食べ物が付着しやすく、それを取り除くのも難しいため、時間が経つほど異臭を放つことが多くなります。

銀歯に付着した食べ物が残りやすいのは次のような理由があるのです。

銀歯は傷つきやすい

銀歯は口の中の食べ物や噛みあわせが原因で、細かな傷がつきやすい傾向にあります。

この細かい傷に食べ物が入り込んでしまうと、歯ブラシによる歯磨きなどでは簡単に除去できなくなるのです。

経年劣化による変形

銀歯は口の中の水分や酸により徐々に劣化していきます。

この劣化が長年にわたると、当初は密着していた歯と銀歯の間に隙間が生じてしまいます。

歯と銀歯の間も歯ブラシが届きづらい場所のため、食べ物がいつまでも残ってしまうでしょう。

接着剤の剥離

銀歯は接着剤によって歯とくっついています。

長年銀歯をつけていると、この接着剤が剥がれたり、一部がなくなったりすることで、歯と銀歯の間に隙間が生まれることになります。

この隙間も食べ物が残ってしまう原因となるのです。

銀歯による口臭を防止するには、このような傷や変形、隙間を埋める定期的なメンテナンスが必要となります。

もしくは、銀歯の代わりに陶器を使用するセラミックインレーが注目されています。

虫歯や歯周病が口臭の原因の場合もあります


口臭は銀歯以外の原因で発生することもあるでしょう。

口臭は深刻な病気の前触れの可能性もあるため、口臭が気になる場合、次のような可能性も考えてみましょう。

虫歯による口臭

虫歯によってできる隙間は食べかすなどが詰まりやすくなります。

隙間に詰まった食べかすは歯みがきをしても完全に除去することはできません。

これを放置しておくと菌が繁殖して、異臭の原因となります。

歯の神経の腐敗

虫歯が悪化すると歯の神経が死んでしまいます。

死んでしまった神経は腐敗し始めますが、腐敗した神経は強い異臭を放つようになるのです。

神経に入り込んだ細菌は全身の病気を引き起こす危険があるため早急に受診することをおすすめします。

歯根の化膿

虫歯により歯の神経に細菌が入り込むと、細菌が増えて膿がたまるようになり、これも異臭の原因となります。

歯根の化膿による口臭は、抜歯など根本的な施術を行わないと解消できないことが多いようです。

磨き残しによる異臭

虫歯でなくても、きちんと歯磨きをしていないと食べかすを除去できず、同じく異臭を放つ原因となります。

歯周病による口臭

歯周病も強い口臭を発生させる原因であり、歯周病が深刻な病気につながる危険があります。

セラミックインレーは口臭予防の効果もあります

銀歯を用いた施術を受けると、銀歯についた傷や経年劣化による変形が原因となって口臭が起こることが多いようです。

これを防ぐにはこまめに銀歯のメンテナンスを行う必要がありますが、定期的に歯医者に通うのも面倒と感じる方も少なくないようです。

そこで銀歯を用いた施術ではなく、セラミックインレーが注目されてきています。

セラミックインレーは陶器であるセラミックで詰め物を行うため、次のような理由から、銀歯よりも異臭が発生しづらいと言われています。

歯との密着度が高い

セラミックインレーは歯との密着度が高いため、隙間に食べかすが入り込むことが少なく、虫歯や口臭になりづらいと言われているのです。

経年劣化しづらい

銀歯に比べてセラミックの寿命は長いため、長年使用しても劣化せず銀歯のように隙間が発生する危険が少ないと言われています。

歯をあまり削らない

セラミックは加工しやすいため施術時に歯を多く削る必要がありません。

歯が十分残ることで神経や歯根に到達するような虫歯になりづらくなります。

表面がツルツルしている

セラミックは表面が滑らかに出来ているため、汚れがつきづらく、歯磨きで簡単に落とすことができます。

(まとめ)どうして銀歯が口臭の原因になるの?

1.銀歯の隙間に残った汚れが口臭の原因です

銀歯による口臭は、銀歯についた傷や経年劣化による隙間に入り込んだ食べ物が原因です。

銀歯による口臭を防ぐためには定期的なメンテナンスかセラミックインレーがおすすめとなります。

2.銀歯についた傷や隙間が口臭の原因となります

銀歯の傷や隙間には食べ物が残りやすいうえに除去しづらいため、口臭の原因になることが多いです。

銀歯による口臭を防止するには、こまめに銀歯を手入れするか、傷や隙間が生まれにくいセラミックインレーがおすすめです。

3.虫歯や歯周病が口臭の原因の場合もあります

口臭は銀歯以外が原因となって起こる場合もあります。

口臭は深刻な病気にかかる前触れの可能性もありますので、銀歯だけが口臭の原因と思わず、しっかりと診察を受けることをおすすめします。

4.セラミックインレーは口臭予防の効果もあります

セラミックインレーは、経年劣化が少なく歯との密着度が高いため虫歯になりづらく、食べかすなども残りにくい施術です。

そのため銀歯に比べて口臭が発生しづらいと言われています。

284
Return Top