湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

虫歯施術後の銀歯が痛い理由とは?

銀歯が痛いのは神経が過敏になっているからです


施術後に銀歯が痛いと感じる理由は、神経が過敏になっていることです。

虫歯施術では麻酔を打ったり、歯を削ったりなどさまざまな刺激を歯に与えています。

そうすると歯の神経が軽い炎症を起こすため、神経がいつもより過敏になり、銀歯の中で痛みとして表れるわけです。

この痛みは虫歯の進行度にもよりますが、1週間から2週間、もしくは数ヶ月すれば自然になくなります。

なかなか痛みが改善されない場合は、ほかに原因がある可能性が高いので医師に相談しましょう。

金属はセラミックよりも熱や刺激が伝わりやすいです

銀歯はセラミックよりも熱や刺激を伝えやすい性質を持ちます。

虫歯の進行が進んでいる場合、神経ギリギリのところまで削って銀歯を詰めるので、神経との位置も必然的に近くなります。

その影響で熱や刺激、さらに噛んだときの衝撃も神経に伝わり、痛いと感じやすくなるのです。

銀歯は金属でできており、金属は熱伝導がよい性質を持ちます。

一方、セラミックは金属を含まない陶材でできているので、金属よりも伝導率は弱めです。

そのため、セラミックは金属の銀歯よりも施術後に痛みを感じにくいのです。

銀歯による神経の痛みは、象牙質と呼ばれる神経に近い組織が新しく第二象牙質として形成され、神経が保護されることで次第になくなります。

なので、ほとんどの場合は神経を取らなくても、しばらくすれば痛みは引いていくでしょう。

しかし、痛みがずっと続いてツライと感じる方も少なくありません。

少しでも痛みを軽減したいのであれば、銀歯ではなくセラミックインレーやセラミッククラウンの施術を検討してみましょう。

セラミックなら目立つ銀歯から天然の歯に近づけられます


口を開くと銀歯が目立つ、と恥ずかしい思いをしている方は多いと思いますが、セラミックなら天然の歯に近い状態にできます。

陶材でつくられたセラミックは白く透明感のある材質で、天然の歯と比較しても見た目に大きな違いがありません。

なので、詰め物をしても虫歯になる前と同じ状態にできます。

セラミックは表面がツルツルしており、ツヤ感があるのも特徴的です。

ツルツルしているので汚れがつきにくく、もし汚れても毎日のブラッシングで落とすことができ、変色もしにくいので美しい状態を維持できます。

虫歯菌やプラークもつきにくいので、虫歯や歯周病になるリスクも軽減することが可能です。

美しさだけではなく、装着後の安全性にも優れた詰め物と言えます。

また銀歯の場合、金属なので金属アレルギーの方は詰めるのが難しいです。

今はアレルギーではなくても、突然発症する可能性は十分にあります。

オールセラミックやジルコニアセラミックは金属を使わないので、金属アレルギーの方も安心して施術できる点も魅力でしょう。

銀歯からセラミックにするならセラミックインレーがおすすめです

歯の欠損が中レベルなら、セラミックインレーで銀歯からセラミックに交換が可能です。

インレーとは詰め物のことを指し、セラミックインレーは名前の通り銀歯や白い詰め物ではなく、セラミックでつくられた詰め物に使う施術のことです。

セラミッククラウンのように歯の上から被せ物をするのではなく、銀歯と同じく歯の欠損部分に合わせてつくられた詰め物を装着します。

主な施術の流れは銀歯を外して虫歯を除去し、欠損部を整えて歯型を取り、その歯型に合わせてセラミックインレーを作成し、装着するという流れです。

この施術なら銀歯にコンプレックスを感じている方も、自然に近い歯にすることで自信を持つことができるでしょう。

セラミックインレーなら銀歯よりも施術後の痛みが少ないので、痛みが気になる方にも向いています。

上記で紹介したように清潔な口内を維持しやすいので、虫歯もできやすい歯になります。

銀歯からセラミックに交換されたい方は、一度医師に相談してみましょう。

(まとめ)虫歯施術後の銀歯が痛い理由とは?

1.銀歯が痛いのは神経が過敏になっているからです

歯にさまざまな刺激を与えることから、歯の神経に炎症が起きます
その炎症により神経は通常よりも倍の感度で刺激を感じるので、銀歯が痛いと感じるのです。

数週間から数ヶ月で治まりますが、治まらない場合は医師に相談してください。

2.金属はセラミックよりも熱や刺激が伝わりやすいです

銀歯は熱や衝撃、刺激などが歯に伝わりやすく、痛みを感じやすいとされています
この痛みは象牙質が形成されていくことで次第になくなると言いますが、痛みを少しでも軽減したいという場合は、セラミックを用いた施術などの利用を検討してみましょう。

3.セラミックなら目立つ銀歯から天然の歯に近づけられます

セラミックは天然の歯に近い白さや透明感があり、銀歯のように目立つことはありません。

汚れや偏食に強い素材なので虫歯や歯周病の予防にもつながります。

金属を使わないので金属アレルギーの発症リスクもなく、安全性の高い装着も可能です。

4.銀歯からセラミックにするならセラミックインレーがおすすめです

歯の欠損が大きくない場合は、セラミックインレーで銀歯からセラミックの詰め物に変えることができます。

施術後は銀歯よりも痛みが少なく、またきれいで清潔な歯を維持できるので、銀歯にコンプレックスがある場合は医師に相談してみましょう。

252
Return Top