年齢と共にすきっ歯が酷くなるって本当?

年齢を重ねると、すきっ歯が酷くなる可能性はあるとされています


年齢と共に新たにすきっ歯になる場合や、元からあったすきっ歯のすき間が広がる場合があるとされています。

その理由としては、加齢による歯茎の老化や歯周病、歯並びの乱れによる噛み合わせのズレなどが考えられます。

さらに、強い力でのブラッシングや頬杖、舌を前に押し出す、歯ぎしりなどの癖や日常生活の習慣を長年続けてきたことも、要因と言われています。

年齢によるすきっ歯の悪化は、歯茎の退縮などが原因とされています

子供の頃や若い時は歯並びもキレイだったのに、年齢と共にすきっ歯になってしまったというケースも意外と多いものです。

その原因としては、年齢により、歯茎が痩せて根の部分が見えてしまう、歯茎の退縮が考えられます。

シワや薄毛、白髪などができるように歯茎も年齢と共に、老化してどんどん痩せてしまうことがあります。

長い年月の間に少しずつ痩せていくので、気づくと進行している場合がほとんどでしょう。

歯茎が下がると歯の根元が表面に出てくるので、歯と歯の間にすき間ができてすきっ歯となるのです。

また、歯並びが悪いことによる噛み合わせのズレも、長年特定の歯にだけ強い力がかかり続けることになるので、年齢と共に歯肉退縮を引き起こす要因とされています。

さらに、歯周病になると細菌が繁殖して、歯槽骨という歯を支える根本の骨が溶けてしまい、歯茎が下がるのですきっ歯を招くことになるとされています。

このように年齢を重ねるごとに歯茎は衰えていくので、こまめにチェックし、早めに歯科医でケアを受けることが大事だと言えます。

年齢と共に進行するすきっ歯は、長年の習慣や癖が招く場合もあるとされています


年齢に伴いすきっ歯が酷くなるのは、子供の頃からの癖や日常生活における習慣なども関係していると考えられています。

まず、長年ごしごしと強い力をかけてのブラッシングを習慣的に行っている場合、歯茎へのダメージが大きくなり徐々に歯茎が下降し、すきっ歯を招くリスクが高まります。

硬い歯ブラシの使用や、ブラッシングの際に大きく歯ブラシを動かすという習慣も、同じく歯茎へのダメージが大きいと言えるでしょう。

さらに、頬杖をつくと特に奥歯の噛み合わせがズレやすくなるとされています。

小さい頃からうつぶせや横向きなど、決まった一定方向を向いて寝る習慣とも、顎の骨格を歪めることになると言われています。

その結果、歯並びが乱れて、すきっ歯を悪化させる原因となる可能性があります。

幼少期の指しゃぶりの癖や、食事の際に舌を前歯の裏に押し付けて飲み込むという癖がある場合は、前歯に強い圧力がかかるため、すき間ができてすきっ歯となる場合があるとされています。

ほかにも、毎回左右どちらかの奥歯で食べ物を噛む癖や寝ている時の歯ぎしり、ストレスによる歯のくいしばりなどの習慣も、年齢と共にすきっ歯を悪化させる要因になり得ると考えられています。

すきっ歯は、健康を害したり、発音を不明瞭にしたりするなどのデメリットをもたらす場合もあります

加齢によるすきっ歯の進行は、年をとると誰しもに起こる可能性があります。

しかし、あまり目立たないから、医療費がかかるからと治さないでいると、健康を害したり会話しづらくなったりするリスクもあるので注意が必要です。

歯のすき間をそのままにしておくと、歯垢が溜まって雑菌が繁殖し、歯や歯茎が歯周病や虫歯などに侵される可能性があります。

さらに、すきっ歯による噛み合わせのズレのせいで、顎に強い負荷がかかり、口が大きく開けにくい、顎が傷むなど症状が出て顎関節症を発症する可能性や、顔や顎が歪んでしまう可能性も否定できません。

そのせいで、首や肩などのコリを感じることもあります。

また、食べ物をしっかり噛めないことによって消化不良を起こし、胃腸機能が低下することも考えられます。

ほかにも、言葉を発する際に歯のすき間から息が漏れてしまい、特にサ行やタ行の発音がはっきりせず、聞き取りにくくなることもあり得ると言えます。

このようにすきっ歯は、様々な弊害を生むので早めに歯科医を受診して治すようにしましょう。

(まとめ)年齢と共にすきっ歯が酷くなるって本当?

1.年齢を重ねると、すきっ歯が酷くなる可能性はあるとされています

加齢によりすきっ歯が酷くなったり、新たにできたりする可能性は否定できません。

歯茎の老化や歯周病、長年の頬杖や歯ぎしりなどの癖や習慣がすきっ歯の悪化の原因と考えられています。

2.年齢によるすきっ歯の悪化は、歯茎の退縮などが原因とされています

年齢を重ねると歯茎も老化に陥り、歯周病にもかかりやすくなるので、やせ細って下がりすきっ歯になることがあるとされています。

さらに、歯並びが悪いことによる噛み合わせのズレも、特定の歯に圧力がかかって、すきっ歯を生み出す要因とされています。

3.年齢と共に進行するすきっ歯は、長年の習慣や癖が招く場合もあるとされています

すきっ歯は、強い力でブラッシングするなどの長年の習慣で年齢と共に進行する可能性もあります。

さらに、頬杖をつく、同じ方向を向いて寝る、歯ぎしりなどの癖もすきっ歯の要因とされています。

4.すきっ歯は、健康を害したり、発音を不明瞭にしたりするなどのデメリットをもたらす場合もあります

すきっ歯を放置すると、虫歯や歯周病、顎関節症や肩こり、首のコリなど口腔内以外の不調をも引き起こすリスクがあるとされています。

さらに、すき間から息が出てしまうので発音が不明瞭になるといった弊害をもたらす可能性もあると言われています。

2532
Return Top