口呼吸がすきっ歯の原因になるって本当なの?

口呼吸は歯並びに悪影響を与えすきっ歯につながる可能性があるからです


口呼吸はすきっ歯になりやすいと言われています。

口をいつも開いていると、喉の奥に舌を引き込む筋肉が弱くなることが考えられるのです。

そうなると顎の成長にも悪影響が出て、歯並び全体を悪くするのですきっ歯につながると言われています。

口呼吸になるのは乳児期の対処に問題があった場合が考えられるでしょう。

大人になってからの場合、鼻づまりの可能性も指摘されています。

すきっ歯を改善するのであれば医療的なアプローチが期待でき、ラミネートベニアやダイレクトボンディングが施術として挙げられるでしょう。

口呼吸はすきっ歯になる原因の一つと言われています

口呼吸がすきっ歯の原因の一つと考えられているのはご存知でしたか?

特に子どもの頃から口呼吸を続けているような人は、すきっ歯になりやすいと言われているのです。

しかし、どうして口呼吸がすきっ歯につながるのでしょうか?

それは、口を開く頻度が関係していると考えられています。

いつも口を開いている状態だと、喉の奥に舌を引き込むための筋力が弱くなると考えられているのです。

そうなると、すきっ歯だけではなくいわゆる出っ歯にもなりやすいですし、顎の成長にも悪影響をもたらし、それが歯並び全般を悪くすることにつながると考えられています。

表情筋を鍛えられず衰えますから、小じわなどが生まれるだけではなく、目の周囲や顎の下がたるんでしまう場合もあるのです。

このように口呼吸はすきっ歯だけではなく、歯並び全般、そして、顔全体をゆるませる原因になってしまいます。

また、すきっ歯を改善したとしても口呼吸が続いているなら、再発する可能性も指摘されているのは無視できません。

だからこそすきっ歯の人は、自分が子どもの頃から口呼吸をしていなかったかどうか改めてチェックする必要があるでしょう。

乳幼児期の対処や鼻づまりは口呼吸につながる可能性があります


口呼吸になる原因の一つに、乳児期の対処が関係している可能性があります。

乳児期に離乳が早かった場合や、おしゃぶりを止めるのが早かったことにより、鼻呼吸や顎の発達がストップすることが原因ではないかと考えられているのです。

乳児はおっぱいを吸いますが、その間、呼吸は鼻で行いそれが訓練になります。

おしゃぶりについても、顎の発達に関する訓練となると言われているのです。

しかし離乳やおしゃぶりが遅れると、鼻呼吸や顎が充分に発達しないため、噛む力も弱くなり、口が開きやすい状態になってしまいます。

結果、口呼吸という悪癖が生まれる原因につながると言われているのです。

一方、大人になってから口呼吸になったという場合は、鼻づまりが大きな原因の一つとして考えられています。

たとえば、アレルギー性の鼻炎、蓄膿症など、鼻づまりになる原因はたくさんあります。

鼻が詰まってしまうのでしかたなく口呼吸になっている状態と言えるでしょう。

すきっ歯につながる口呼吸の原因は、他にもたくさんあります。

もし口の周囲の筋肉が弱いことで口呼吸になっているなら、口腔筋機能療法や、口を大きく開けて「あー」「いー」「うー」と動かし、最後に「べー」と舌を前に突き出すあいうべ体操などで、口周りの筋肉を鍛える対策が挙げられるでしょう。

口呼吸に注意して医療的な施術ですきっ歯は改善できます

すきっ歯を改善したいなら、医療的なアプローチによる施術が期待できます。

たとえばラミネートベニアは、比較的、短期間で改善が期待できる施術の一つです。

歯の表面を0.5~0.7ミリほど削り、薄いセラミックを貼り付けるという施術となります。

ラミネートベニアは天然の歯を削ることになりますが、着色や変色が少ないというメリットがあるのです。

天然の歯を削りたくなければ、ダイレクトボンディングも有効と考えられています。

コンポジットレジンという医療用のプラスチックを使用し、すき間を埋め、すきっ歯を改善する施術です。

色についても細かく調整することができますから、他の歯の色と合わせやすく、施術をしたことがなかなかばれないというメリットは大きいでしょう。

さらに1日ほどで施術が終わることが多いのもメリットの一つと言えます。

この2つの施術は、軽いすきっ歯の場合に有効と言われていますが、ひどいと対応ができない場合もあるので気をつけてください。

もし歯並び全般で改善を期待するなら、セラミッククラウンも候補の施術として挙げられるでしょう。

セラミックで作られた被せもので、その中でもすべてセラミックで作られたオールセラミックの場合だと、審美的な面で自然な歯を演出できるだけではなく、金属アレルギーなどのリスクもないとされています。

すきっ歯は口呼吸を意識して押さえるようにし、なおかつ、医療的な施術を合わせて行うことによって改善が期待できると言えます。

ぜひ、検討してみてください。

(まとめ)口呼吸がすきっ歯の原因になるって本当なの?

1.口呼吸は歯並びに悪影響を与えすきっ歯につながる可能性があるからです

口呼吸は口周辺などの筋肉の弱体化につながるために、すきっ歯の原因のひとつとして考えられています。

口呼吸は乳児期の対処や、鼻づまりに問題があると考えられているのです。

すきっ歯を改善するなら、医療的な施術が期待できるでしょう。

2.口呼吸はすきっ歯になる原因のひとつと言われています

口呼吸は、すきっ歯だけではなく、出っ歯など、歯並び全体に悪影響を与えます。

それ以外にも表情筋にも影響が出て、顔全体を緩ませる原因となると言われているのです。

すきっ歯の人は口呼吸していないかどうかチェックしてみてください。

3.乳幼児期の対処や鼻づまりは口呼吸につながる可能性があります

呼吸の原因のひとつに乳児期の対処が関係している可能性があります。

離乳や、おしゃぶりを止めるのが早いと鼻呼吸の訓練が不十分となり、口呼吸になることが考えられているのです。

また、大人になってからだと鼻づまりも原因のひとつとして考えられます。

4.口呼吸に注意して医療的な施術ですきっ歯は改善できます

すきっ歯を改善したいなら、医療的なアプローチによる改善が期待できます。

ラミネートベニア・ダイレクトボンディング・セラミッククラウンなどの施術が効果的と言えるでしょう。

すきっ歯は口呼吸を予防し、医療的な施術で改善ができるのです。

1933
Return Top