すきっ歯をレジンで治すと変色するの?

レジンを用いたすきっ歯の施術は、素材によっては経年劣化で変色する場合もあるとされています


すきっ歯改善の施術には、レジンという合成樹脂を用いた「コンポジットレジン」という方法があります。

レジンは合成樹脂なので、素材としては経年劣化による変色が起こるリスクは高いとされてきました。

しかし、近年劣化防止のために耐摩耗剤などを混合させるなど、材質の改良が行われており、以前に比べると変色しにくくなってきていると言われています。

すきっ歯改善の施術法であるコンポジットレジンの、変色するリスクはゼロではないとされています

コンポジットレジンは、レジンという白い合成樹脂と耐摩耗剤を強化する無機物を混合した詰め物で、歯のすき間を埋めいくというすきっ歯改善法の一つです。

レジンはアクセサリー作りなどの手芸で用いられることがあるので、イメージしやすい人もいるでしょう。

歯のすき間部分の型どりをして、型に合わせて詰め物を作成した後、すき間に接着して馴染ませるという施術を行います。

レジンはすでに決まった色の中から、自然歯に合った色を選んで用いられます。

色の種類は多いですが、人によってはぴったりマッチする色が見つからない場合もありうると言われています。

また以前は素材の性質上、時間経過と共に劣化して、黄色っぽく変色する可能性もゼロではないとされていきました。

さらに、研磨がうまくいかないと表面がざらついて歯垢が付きやすいとも考えられてきました。

しかし、徐々に素材の改良が進み、耐摩耗剤を混合させることで耐久性が上がってきています。

変色はゼロではないですが、以前に比べると大分変色しにくくなっているとされています。

すきっ歯の施術法は、他にもラミネートべニアなどの方法があります


すきっ歯を改善するための施術には他にも様々なものがあります。

すきっ歯を治すと聞いて、ワイヤー器具を歯につける歯列矯正をイメージする人も多いでしょう。

マウスピースやブランケットという矯正器具を歯に装着し、歯を引っ張ることで、ゆっくり移動させ歯と歯のすき間を埋めていく方法です。

ただし、この施術の場合、数ヶ月から数年と長期間を有し、矯正中は器具の取り外しもできないという側面があります。

食事しづらく食べかすが詰まるなど、不衛生で見た目にもよくない上に費用も高額と、ややマイナス面が目立つという側面も否めないです。

一方で、通院も数回と短期間で施術が完了し、審美性も高いとされているラミネートベニアという方法が主流になりつつあります。

歯の表面を0.5㎜ほど削り、型をとって薄いチップのような人工歯を作り、しっかり接着するという方法です。

セラミック素材を使えば、自然に近い色あいに仕上がるので見た目にもきれいだとされています。

さらに、経年劣化を防げるので変色の心配も少なく、耐久性もあるため、強く噛んでもほぼ破損することがないなどメリットが多い施術法として知られています。

すきっ歯を放置すると、口腔内の健康を害するリスクも高まるので早めの改善が必要です

治すのも大変そうだし、さほど目立たないからとすきっ歯を放置すると、口腔内や身体の健康を害する可能性があるので注意が必要です。

歯と歯のすき間に食べかすが詰まって歯垢が溜まり、雑菌が繁殖して虫歯や歯周病に侵されるリスクがあるとされています。

また、すきっ歯だと上下の噛み合わせがズレてしまうので、顎の骨に大きな負担がかかり、顎関節症を発症するリスクが高まると言われています。

顎関節症になると、口を大きく開けられない、食べ物を噛むときに顎に痛みが生じるなどに症状に悩まされる場合があります。

さらに、噛み合わせが合っていないと、しっかり食べ物が咀嚼できないので、加齢に伴い食べ物が飲み込みにくくなる嚥下障害が起こる可能性もゼロではありません。

そして、食べ物が消化しづらくなり胃腸を壊す原因にもなるとされています。

他にも話す際に、歯のすき間から息が漏れて、特にサ行とタ行の発音が不明瞭になり、言いたいことが伝わりにくくなるとされています。

人から何度も聞き返されると、ストレスが溜まる原因にもなるので精神衛生上良いとは言えません。

(まとめ)すきっ歯をレジンで治すと変色するの?

1.レジンを用いたすきっ歯の施術は、素材によっては経年劣化で変色する場合もあるとされています

レジンという合成樹脂を歯の修復剤として使うコンポジットレジンは、すきっ歯改善の施術のひとつです。

レジンは経年劣化しやすく、変色する可能性もある素材ですが、近年の材質改良で、変色しにくくなったと言われています。

2.すきっ歯改善の施術法であるコンポジットレジンの、変色するリスクはゼロではないとされています

コンポジットレジンは、合成樹脂のレジンに耐摩耗剤などを混合された詰め物を、歯と歯のすき間に埋める施術法です。

レジンは劣化しやすく、変色も心配されてきましたが、近年では材質が良くなり変色しにくくなったと言われています。

3.すきっ歯の施術法は、他にもラミネートべニアなどの方法があります

すきっ歯の改善には、ワイヤー矯正などの歯科矯正がありますが、施術には長期間を要します。

短期間でできて、審美性も高いラミネートベニアなどの施術法が主流になりつつあります。

4.すきっ歯を放置すると、口腔内の健康を害するリスクも高まるので早めの改善が必要です

すきっ歯をそのままにすると、すき間に食べかすが詰まって虫歯などの原因になったり、顎関節症や胃腸機能の低下などさまざまな弊害が生じたりする可能性があります。

また、すき間から空気が漏れて発音しづらい言葉があり、滑舌が悪くなるというリスクも抱えています。

2144
Return Top