すきっ歯にタバコは悪いの?

タバコはすきっ歯の悪化や施術にも悪影響を与えます


タバコが原因となって、直接的にすきっ歯が生じることはないと言われていますが、すきっ歯の悪化には関係すると考えられています。

さらに、すきっ歯以外にも、口内全体に悪影響を与えると言われているのです。

他にもタバコはすきっ歯の施術にも影響を与えると言われており、タバコの成分によって、施術期間が長くなることも指摘されているのです。

ただ、禁煙をしたからといってすきっ歯が自然に改善されるわけでもありません。

すきっ歯を治す施術には、ダイレクトボンディングや、ラミネートベニアなどが効果的でしょう。

タバコがすきっ歯を悪化させる可能性はあります

タバコを吸っても、直接的にすきっ歯が生じることはないと考えられています。

しかし、タバコは間接的にすきっ歯を悪化させる原因になると言われているのは無視できません。

それどころか、すきっ歯だけではなくタバコは口内全体に悪影響をもたらすと考えられています。

たとえば、タバコを吸うと、歯にヤニがついてしまうため、変色や臭いにつながることが指摘されています。

ヤニは粘着質ですから、日常的にきちんと歯磨きを行ってもなかなかきれいにすることはできないと言われているのです。

さらに、タバコは、歯茎が黒く変色する原因の一つと考えられています。

これは、色素沈着が原因として考えられており、審美的な面で問題があると言われているのです。

さらに注意したいのが、歯周病につながる原因のひとつということでしょう。

そもそも歯周病にかかっている人は、喫煙により悪化するとも言われています。

このようにタバコは口内トラブルを引き起こす原因となってしまうのです。

歯周病となれば間接的に、すきっ歯の悪化にもつながることも指摘されています。

たとえば、歯周病で歯茎の後退が生じれば、すき間が余計に開いてしまう可能性も無視できません。

タバコはすきっ歯の施術に悪影響を与えると考えられています


タバコはすきっ歯の施術に対しても悪影響を与えると考えられています。

なぜかというと、タバコに含まれている成分が細胞の増殖や再生能力を低くすると考えられているからです。

そのため、タバコを吸っていると歯茎や歯肉などが傷ついた場合、治りが遅くなると言われています。

たとえば、すきっ歯を歯列矯正で矯正する場合、歯を動かすことになるのですが、その際に、悪影響が出ると言われているのです。

簡単に言えば、歯の動きが遅くなるため、施術期間が長くなるという問題が指摘されています。

施術中、歯茎が傷ついた場合、その治りが遅くなるという問題も考えなければならないでしょう。

また、すきっ歯が改善されたとしても、全体的な審美面を見た場合、歯茎が黒ければ一般的に美しい状態とは言えないです。

他にも、すきっ歯の施術を行う際、タバコを吸ったことで歯周病が生じているならば、まずその施術を行う場合も少なくありません。

このことにより、施術期間が長くなるというリスクが考えられます。

このように、タバコを吸うことですきっ歯の施術にもさまざまな問題が生じることは無視できません。

すきっ歯の改善方法としてダイレクトボンディングなどがあります

すきっ歯に悪影響を与えるタバコについては、解決方法として禁煙が挙げられるでしょう。

禁煙の方法としては、とにかく吸わないよう我慢をする、あるいはニコチンガムやニコチンパッチを使用する方法などが禁煙方法の一つとして挙げられます。

医療機関の禁煙外来を利用するのも対策の一つになりえるでしょう。

ただ、禁煙をしてもすきっ歯が自然に改善されるわけではありません。

そうであるならば、すきっ歯も同時に改善をした方が良いでしょう。

すきっ歯を改善する方法の一つに、ダイレクトボンディングが挙げられます。

比較的、すき間が狭いケースに用いられる施術であり、医療用のプラスチックですき間を埋めていく施術となります。

一般的に短期間で終わると言われている施術です。

また、ラミネートベニアなども比較的短期間で終わる施術と言えるでしょう。

歯の表面を薄く削り、セラミックを貼り付け、すきっ歯のすき間を埋めていく施術です。

時間をもう少しかけても良いのでしたら、セラミッククラウンという被せ物を歯に装着してすき間を埋めるなどの施術や、矯正器具を使用した歯列矯正も、有効な施術と考えられています。

(まとめ)すきっ歯にタバコは悪いの?

1.タバコはすきっ歯の悪化や施術にも悪影響を与えます

タバコは、すきっ歯の悪化につながると考えられており、改善のための施術にも悪影響を与えると言われているのです。

すきっ歯の改善には、ダイレクトボンディングやラミネートべニアなどの施術が効果的だとされています。

2.タバコがすきっ歯を悪化させる可能性はあります

タバコは間接的にすきっ歯を悪化させる原因になると言われています。

すきっ歯だけではなく、口内全体に悪影響を与え、歯周病や口臭、歯の変色なども引き起こすとも言われているのです。

3.タバコはすきっ歯の施術に悪影響を与えると考えられています

タバコはすきっ歯の施術に対しても悪影響を与えると言われています。

タバコに含まれている成分が細胞にも悪影響を与えて、再生能力を低くするとも考えられているのです。

そのため施術が長引く可能性が指摘されています。

4.すきっ歯の改善方法としてダイレクトボンディングなどがあります

すきっ歯に悪影響を与えるタバコは禁煙をした方が良いでしょう。

すきっ歯自体の改善ですが、ダイレクトボンディングやラミネートベニアなどが挙げられます。

他にもセラミッククラウンなどが代表的な施術と言われているのです。

1373
Return Top