1cmも開いたすきっ歯の原因や対策って何があるの?

すきっ歯が1cmも開くのは遺伝性や後天性の原因が考えられ施術も複数あります


1cmも開いてしまうすきっ歯の原因は、先天性と後天性のものがあると言います。

先天性とは遺伝的なものであり、後天性は生活習慣が関係すると言われているのです。

たとえば、歯周病や虫歯など、舌で前歯の裏を押すような悪癖が原因の場合は後者でしょう。

後天性ならば、悪癖の改善で予防が期待できますが、先天性の場合は自力で改善するのは難しいでしょう。

しっかりとすきっ歯の改善をしたいのであれば医療的な施術が有効とされています。

たとえばセラミッククラウンや、ラミネートベニアなどが代表的な施術として挙げられます。

すきっ歯が1cmも開く原因は先天性と後天性の原因が考えられます

1cmもすき間ができるすきっ歯の原因は、先天性と後天性のものがあります。

先天性のものは、遺伝要因が考えられており、生まれたときから歯が小さい、正常な数ではなく少ないことなどが挙げられるでしょう。

ただ、子どもの頃はすきっ歯ではなかったのに大人になってひどいすき間ができたのでしたら、後天性の可能性があります。

たとえば、年齢が高くなるに連れて歯茎が下がることですきっ歯が生まれ、広くなることが考えられるのです。

また、歯周病や虫歯により1cmレベルのすきっ歯になることも考えられます。

歯周病などになると加齢の場合と同じように、歯茎が後退するのですき間が広がると言われているからです。

他にも、虫歯などで奥歯が抜けることで歯の噛み合わせ全般に影響が出て、すきっ歯の悪化につながると考えられています。

舌で前歯の裏を押し出す、頬杖をつくなどの悪癖も顎関節に悪影響を与え、噛み合わせのバランスが崩れてすきっ歯が進行する原因となりえると言われているのです。

このように、1cmも間が空いてしまうようなひどいすきっ歯になる原因は複数が考えられます。

後天性では悪癖などを止めることが予防になると言われています


一般的に大人になってからのすきっ歯は、自然に改善することはないと考えられています。

そのため、すきっ歯がある人でも無い人でも、日頃から状態が悪くならないよう気をつける必要があるでしょう。

先天的なすきっ歯の場合、自分ではどうしようもありませんが、後天的な原因によるすきっ歯は自分の意思で進行を止められる可能性があります。

たとえば、虫歯や歯周病、加齢による歯茎の後退に関しては日頃の歯磨きをきちんと行うことで予防ができると言われています。

舌で前歯の裏を押したり、頬杖をついたりするような悪癖も状態を悪化させる原因の一つですので、日頃から注意していれば、止められる可能性は高いでしょう。

さらに、睡眠時の寝相は歯並びに関係する顎骨だけではなく、全身の骨格にも関係するので注意してください。

うつ伏せや横向きで眠った場合、特定の部位に負担が大きくかかってしまうため骨格が歪む可能性が指摘されています。

大人になってすきっ歯が1cmも開いてしまうと、見た目の問題だけではなく、すき間に食べかすが入り込みやすくなるため虫歯や歯周病リスクが高まることも指摘されているのです。

そのため、日頃から悪化の原因となるものに注意する必要があるでしょう。

ひどいすきっ歯は医療的な施術で改善が期待できます

すでにすきっ歯が1cmも開いているなら、医療的な施術によって改善が期待できます。

すきっ歯の施術は複数ありますので、状態や経済的なことも考え、どれがベストなのか医師としっかりと相談してください。

では、どんな施術が行われているのかご紹介します。

たとえば、セラミッククラウンは、すきっ歯に有効と考えられている施術の一つです。

特にセラミッククラウンのなかでも、すべてセラミックを使用したオールセラミックは、天然歯のような透明感や金属アレルギー、歯茎の変色リスクが低いと言われています。

また、セラミックを使用した施術の一つとしてラミネートベニアも挙げられるでしょう。

歯を薄く削りその上にセラミックを貼り付けることで、歯と歯の間のすき間を埋めることができる施術となります。

ほかにも、ワイヤーなどの矯正器具を使用する施術がありますが、1年ほどの長期間に亘る施術を必要とするという点や、審美的な問題が発生するという点もあらかじめ踏まえておかなければなりません。

このようにすきっ歯に効果的な施術には、複数のものがあります。

ひどいすきっ歯を改善したい場合、どれが一番適した施術なのか、担当医としっかり相談をした上で選ぶと良いでしょう。

(まとめ)1cmも開いたすきっ歯の原因や対策って何があるの?

1.すきっ歯が1cmも開くのは遺伝性や後天性の原因が考えられ施術も複数あります

1cmも開くすきっ歯の原因は先天性と後天性が考えられます。

後天性なら、日頃の悪癖に注意することで改善が期待できるのです。

また、先天性の場合でも、セラミッククラウンなどの医療的な施術が有効と言われています。

2.すきっ歯が1cmも開く原因は先天性と後天性の原因が考えられます

1cmも開くすきっ歯の原因は先天性と後天性が挙げられます。

大人になってからひどくなった場合は、後天性の原因が考えられるでしょう。

また、歯周病や虫歯などもすきっ歯の悪化につながります。

3.後天性では悪癖などを止めることが予防になると言われています

後天性のすきっ歯を予防するためには、虫歯や歯周病を予防することが効果的だとされています。

そのため、歯磨きが重要と言えるでしょう。

他にも頬杖や舌で前歯の裏を押すような悪癖に注意が必要です。

4.ひどいすきっ歯は医療的な施術で改善が期待できます

ひどいすきっ歯の場合でも、医療的な施術が有効と考えられています。

たとえば、セラミッククラウンやラミネートベニアなどが挙げられるでしょう。

他にも歯列矯正が有効と言われていますが、施術には長期間を要するとされており、難しい部分が多いです。

1382
Return Top