ひどいすきっ歯の原因や施術法は何があるの?

ひどいすきっ歯は、先天性や後天性の原因があり、ラミネートベニア法などの施術が効果的です


ひどいすきっ歯は先天性のものと後天性のものがあると考えられています。

先天性は遺伝などの要因があり、後天性では、頬杖をつくなどの悪癖が考えられているのです。

そのようなひどいすきっ歯の施術に対しては、ラミネートベニア法や、セラミッククラウンや、歯列矯正が挙げられます。

すきっ歯は見た目以外にも虫歯や歯周病や口臭、顎関節症などの原因にもなるので、放置するよりも医療的な施術で改善した方が良いでしょう。

ひどいすきっ歯の原因は先天性と後天性があります

すきっ歯は、正式名称で、空隙歯列と呼ばれており、歯と歯の間にすき間が空いている状態を言います。

すきっ歯になる原因は複数あるのですが、その一つに生まれつきというものがあります。

後になってすきっ歯になったわけではなく、遺伝などの要因で元々歯が小さい、生える歯に欠損などの問題がある場合、なりやすいと考えられているのです。

生えて来るはずだった歯が生えて来なかった場合も、そこにすき間ができやすくなると言われています。

他の原因としては、歯だけではなく顎に問題がある場合も、すきっ歯につながってしまうと考えられています。

具体的には歯と顎の大きさについてバランスが悪いことが原因の一つとして考えられるでしょう。

歯が小さいけれど顎が大きい、あるいはその逆で、歯が大きいのに顎が小さい場合があてはまると言えます。

このような場合も、歯と歯の間にすき間ができてすきっ歯になる原因と考えられているのです。

また、生まれつき以外にも、大人になってからすきっ歯となる後天性の場合もあります。

そのような後天性のすきっ歯の原因の一つとして考えられているのは、子どもの頃からの習慣です。

たとえば頬杖をつく癖などがあてはまるでしょう。

頬杖によって歯の噛み合わせに影響が出ることですきっ歯につながってしまうと考えられているのです。

他にも、睡眠時にいつも横向きで眠るような癖がある場合、歯並びや顎の骨が歪んでしまうことも原因の一つとして考えられています。

すきっ歯に有効とされる施術はさまざまです


ひどいすきっ歯に対し、有効とされている施術は複数あります。

その一つがラミネートベニア法です。

ラミネートベニア法では、歯の表面を0.5ミリ程度削った後、そこに薄い人口歯を貼り付ける施術となります。

この施術のメリットは、歯を削ると言ってもあくまで薄くですから、負担が少ないことが挙げられるでしょう。

痛みが少ないだけではなく、施術時間も長くないですから、手軽にすきっ歯を改善したい人に向いている施術と言えます。

他にも、審美的な面で優れているというのもメリットの一つでしょう。

人口歯なので、歯の形や色などを細かく調整することができます。

そのためすきっ歯以外の問題、たとえば歯並びや色と言った審美的な問題の解決にも有効と言われているのです。

また、審美的な面で言えば、他の選択肢として、オールセラミックによる被せ物なども挙げられるでしょう。

オールセラミッククラウンは、すべてセラミックで作られた被せ物で、歯と歯のすき間を埋めてすきっ歯の改善に有効と言われている施術です。

ひどいすきっ歯は見た目以外にも複数のトラブルにつながります

ひどいすきっ歯には見た目の問題もありますが、「見た目の問題だけなら……」と放置すると、さまざまな口内トラブルを引き起こすので注意しなければなりません。

たとえば、食事によってトラブルにつながる場合もあります。

まず、食べかすが歯と歯のすき間に詰まりやすいので、虫歯や歯周病が起きる可能性が高まるという指摘もあるのです。

虫歯や歯周病は、口臭や痛みだけではなく、将来的に歯が抜けるリスクが高まると言われているので油断はできません。

また、すきっ歯が顎関節症を引き起こす原因の一つという話もあります。

顎関節症につながる原因の一つとして、歯の噛み合わせの悪さがあるからです。

他にも歯と歯のすき間から息が漏れることで、さ行やた行の発音が悪くなるなど、すきっ歯は多種多様な症状につながると言われています。

このような理由から、すきっ歯は改善した方が良いと言えます。

放置していても自然治癒するような類のものではありませんから、やはりきちんと信頼のできるクリニックや医師に相談することが重要となるのです。

(まとめ)ひどいすきっ歯の原因や施術法は何があるの?

1.ひどいすきっ歯は、先天性や後天性の原因があり、ラミネートベニア法などの施術が効果的です

ひどいすきっ歯の原因には先天性や後天性があり、施術はラミネートベニア法や、セラミッククラウンや、歯列矯正など複数あります。

見た目以外にも、虫歯や歯周病などの原因になるので医療的な施術で改善した方が良いです。

2.ひどいすきっ歯の原因は先天性と後天性があります

すきっ歯は、歯と歯の間にすき間が空いている状態のことです。

原因には生まれつきの先天性や、悪癖などでなる後天性のものがあると言われています。

後天性のものは、頬杖、舌癖などがすきっ歯につながると言われているのです。

3.すきっ歯に有効とされる施術はさまざまです

ひどいすきっ歯に対する施術は複数あります。

ラミネートベニア法という人工歯を貼り付ける施術や、オールセラミックによる被せ物を使って、歯と歯の間のすき間を埋める施術などが有効とされています。

4.ひどいすきっ歯は見た目以外にも複数のトラブルにつながります

すきっ歯は見た目の問題だけではなく、放置することでさまざまな症状につながると考えられています。

たとえば、歯と歯の間に食べかすが詰まって、虫歯や歯周病、さらには顎関節症も引き起こすとも言われているのです。

1900
Return Top