セラミック矯正で口元を綺麗にできる?

セラミック矯正で口元を整えて綺麗にできることがあります


口を閉じると口元が不自然になってしまうのは、歯並びが悪かったり出っ歯になっているためです。

口元が不自然だとむっとしたような悪いイメージになります。

しかしセラミック矯正によって歯並びなどを治すと、口も自然に閉じられるようになりますので、口元も整うことができ、印象も良くできます。

口元は歯並びが悪いと見た目が悪くなることがあります

口は笑ったときなどに歯が見えるばかりでなく、口を閉じたときにも印象を作ります。

このために口を閉じたときばかりでなく、笑ったときなど口を開いたときのことも考えないとなりません。

どうしても不自然に口を閉じると、口周辺の一部に力が入りますので、美しく見えません。

口元にコンプレックスがあったり、不自然である、綺麗に見えないなどは、色々な要因が関わってきます。

まず歯自体に関してですが、歯の色が悪いというのも見た目に関係し、歯が黄ばんでいる、虫歯治療で神経を抜いて歯が黒ずんでいる、というのも口元の見た目を悪くします。

または銀歯などを付けているので、見た目が美しくないということもあります。

さらには、そればかりでなく、一部の歯が欠けているなどして、見た目が悪いこともあります。

そしてもう1つ口元の見た目を悪くするのは、歯並びが悪い場合です。

歯並びが悪いと、笑ったときなどに歯自体が見えて悪く見えてしまうということもありますが、口を閉じるにしてもしっかり閉じられない、閉じても不自然になるなどがあり、口元が美しく見えません。

歯並び以外にも、歯の一部だけ大きかったり小さかったりする場合でも、やはり口を閉じると不自然になり、口元が美しく見えないということもあります。

スマイルラインを意識すると綺麗な口元になりやすくなります


まず口元としては、しわやたるみがなく、ゆがみも少なく、笑うと口角の左右がバランス良く上がることが理想的です。

唇も血色が良い張りと潤いがあると、美しく見えます。

歯に関しても、顔の中心から左右対称に歯が配置されており、中心の前歯は大きすぎず小さすぎないのが良いです。

一般的に笑ったときにはスマイルラインと呼ばれる、下唇が描くラインと、上顎の歯の先端を結んだラインが同じになったときに、美しいと言われています。

逆にガーミースマイルと言われる、歯茎が沢山見えるような場合は、美しく見えないことが多いです。

もちろん歯に関しては、黄ばんでいたり黒ずんでいたりすることなく、白い歯であることが理想的であるのは、言うまでもありません。

ただ口元が不自然になっているか綺麗になっているかは、顔の輪郭とのバランスもあります。

顔も丸形であったり長細い形の方もいますので、どう口元を見せたいかでも美しいかそうでないかが決まります。

若々しく見せたいのか、可愛らしく見せたいのか、それとも知的に見せたいのか、または口を閉じると怒ったような印象となり改善したいなどあります。

当然のことながらどのような場合でも、口元は血色が良く、唇は健康なピンク色である方が美しく見えるのは間違いありません。

セラミック矯正で口元を美しくできることがあります

セラミック矯正では、まずは歯を削りそこに仮歯を装着します。

この仮歯は自由に形や色を変えられますので、最終的な形状に近づけて調節を行なってきます。

この段階で、歯並びや歯の色などを調節し、できるだけ理想に近い形にします。

また噛み合わせも調節していき、口元も綺麗に見えるように調節していきます。

仮歯の歯の形は、最終的なセラミッククラウンのイメージを再現し、顔や歯のバランスや噛み合わせを調節します。

このときに、患者様の個々の顔や口元の形に合わせて調節していきます。

また元々歯が黄ばんでいたり、黒ずんでいたりする場合は、セラミッククラウンを被せますので、白い歯にすることができます。

さらには歯並びが悪い、出っ歯で歯が飛び出しているなどの場合でも、セラミック矯正で改善ができます。

こうして仮歯でよく噛み合わせやバランスを調節した後は、仮歯を元にセラミックの歯を制作し、装着して、その後も再度噛み合わせやバランスなどを調節します。

これは口元を綺麗に見せるためにも必要なことですが、セラミックの歯を長く綺麗な状態で安定させるためにも欠かせないことです。

このようにして、セラミック矯正で歯並びや歯の大きさなどを矯正すると、口も自然に閉じられるようになり、口元も綺麗になります。

(まとめ)セラミック矯正で口元を綺麗にできる?

1.セラミック矯正で口元を整えて綺麗にできることがあります

セラミック矯正によって、歯並びを整えたり出っ歯を治すことで口元を綺麗にできます。

口元を綺麗にすると、そればかりでなく、顔全体の印象も良くなり、全体の見た目も良くなります。

2.口元は歯並びが悪いと見た目が悪くなることがあります

口元が美しく見えないというのは、歯並びが悪いことや歯が黄ばんでいることや歯の大きさが不自然などが関係してきます。

それは口を閉じたときばかりでなく、笑ったときなどの見え方にも影響を与えます。

3.スマイルラインを意識すると綺麗な口元になりやすくなります

綺麗な口元とは、バランスの良い形であり、笑うときはスマイルラインを形成すると美しく見えます。

歯の色や唇の色は、当然ながら歯は白であり唇は健康的なピンク色の方が美しく見えます。

4.セラミック矯正で口元を美しくできることがあります

セラミック矯正では、歯並びや歯の大きさなどを調節し矯正していきます。

これにより口を自然に閉じられるようになりますので、口元のバランスも良くなり、見た目も綺麗になります。

2525
Return Top