湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

出っ歯をセラミック治療する場合にデメリットはある?

出っ歯のセラミック治療はデメリットもありますがメリットも大きい治療法です


出っ歯といえど、健康な普通の歯です。

セラミック治療は、この歯の表面を削り、セラミックのかぶせ物をして白い見た目を作り出す技術です。

当然、セラミックのために歯の表面を削る必要があり、健康な歯を削るという観点からも、歯や口腔にさまざまなダメージを与えると言えるでしょう。

しかし、逆に言うと歯をとても綺麗にできるし、審美的にも優れている方法だと言えるでしょう。

出っ歯の表面を削ると虫歯になりやすくなります

出っ歯を美しくするために表面を削ることで、新しく入れるセラミックとの間に溝が出来てしまいます。

通常特殊なボンドによってこうした溝は埋められていくのですが、年月が経つにつれ、汚れや黄ばみなどがこの溝にたまりやすくなります。

こうした汚れがいつまでも堆積していると、やがて溝の隙間から歯を破壊する虫歯となってしまうのです。

接合面での虫歯は、単純に筋が入ったように見えて見栄えが悪いということもありますが、それ以上にそこから内部へと虫歯が侵食してしまう危険性を孕んでいます。

気づかないうちに大きな虫歯となっているケースも少なくないため、注意が必要です。

また、歯を少なからず削るという行為は、歯が本来持っている耐久性や外界に対するバリアを破壊してしまう行為でもあります。

健康な歯であれば少しの汚れや食べ残しなどでも自浄作用が働きますが、歯が削られていると脆弱な部分から虫歯が出来やすくなってしまうのです。

ただ、一度セラミックで覆うことによって、歯をコーティングすることも可能となります。つまり、綺麗な歯を人工的に作っていくことができるのです。

管理さえしっかりしていれば、歯がダメージを受けるということは最小限に抑えられるでしょう。

出っ歯の表面を削ることで、痛みが発生しやすくなります


もともと、歯の表面にはエナメル質と呼ばれる白色の組織があり、その下には象牙質と呼ばれるやや黄色がかった組織があり、その内側に神経が存在する構造と成っています。

セラミック治療では、この汚れてしまったエナメル質を薄く削って、白色のセラミックでコーティングすることにより審美を保っています。

これは、見た目には白色の歯がよみがえったように見えますが、本来のエナメル質は薄くなったままの状態なのです。

エナメル質の機能として重要なものの中に、外界からの刺激を緩和するというものがあります。

口腔内は私たちが食べ物を食べる関係で、様々な変化があります。

熱い100℃に近いお茶から0℃に近いアイスクリーム、甘いお菓子から辛い刺激物、そして食事の影響もあり口の中の酸性度も変化していきます。

こうした過酷な環境下であっても、私たちが普通にものを咀嚼し、歯を維持していられるのは、これらの熱や酸、化合物からの刺激をエナメル質が緩和しているからなのです。

セラミック治療によりエナメル質が薄くなると、知覚過敏などの症状が出やすくなると言われています。

ただ、出っ歯の表面を削ったからと言って、大きな痛みが発生するということはありません。

そこは歯科医師がしっかりとカバーしてくれるので、痛みも最小限にしてくれます。

その点は大きな心配をしなくて良いと言えるでしょう。

出っ歯の表面を削ることで他の歯にも影響が出る可能性があります

元々の目的は、出っ歯を美しく魅せるための処置であったはずです。

しかし、セラミックによって出っ歯の表面を削り、新たなセラミックの前張りをつけることで、少なからず歯全体のバランスが崩れてしまいます。

親不知を抜いたことのある人はお分かりでしょうが、抜いてしばらくたつと歯並びが微妙に変化しているのがわかるでしょう。

歯列というのは、それぞれの歯単体で完結するものでなく、隣り合う歯やその下の歯茎をはじめとした周辺組織と密接なパワーバランスを形成しています。

この為、歯を削るということで、噛み合わせも変わる上、それぞれの歯にかかる力に変化を来します。

この変化が一瞬の刺激であればよいのですが、削った歯は元には戻らず、その直近の組織はもろにその影響を受けますから、段々と歯列が崩れてしまう可能性があるのです。

もちろん、セラミックにはそういうデメリットもあるものの、他の歯に影響するかどうかは、本人次第という点も大きいでしょう。

毎日のブラッシングなどを欠かさずおこない、口内を清潔に保っておけば、むしろ見た目は綺麗に保つことができます。

(まとめ)出っ歯をセラミック治療する場合にデメリットはある?

1.出っ歯のセラミック治療はデメリットもありますがメリットも大きい治療法です

出っ歯をセラミック治療するためには、健康な出っ歯の表面を削る必要があります。

そのため、デメリットとしては、歯や口腔にダメージを与えてしまう可能性があるということです。ただ、それを差し引いてもメリットは多いです。

2.出っ歯の表面を削ると虫歯になりやすくなります

出っ歯を削ることで耐久性が低下し、虫歯が発生しやすくなります。

一度虫歯が発生すると更なる処置が必要となるものの、見た目を綺麗な状態にできるセラミックは、リーズナブルで効果的な方法とも言えます。

3.出っ歯の表面を削ることで、痛みが発生しやすくなります

出っ歯を削ると、エナメル質が減少することにより外界の様々な刺激を受けやすくなります。

ただ、セラミックで覆うことによって、歯としての機能はそのまま保つことができ、痛みや悪影響も最小限に抑えられます。

4.出っ歯の表面を削ることで他の歯にも影響が出る可能性があります

表面を削ると、その周辺の歯茎や隣り合う歯に影響を与えてしまう可能性があります。

しかし、メンテナンスとブラッシングをしっかりおこなえば、そのリスクも軽減できます。

9758
Return Top