出っ歯は整形・矯正で治療が可能!受け口など口元の印象も変えられる

出っ歯は整形・矯正で治療が可能!受け口など口元の印象も変えられる出っ歯や受け口で悩んでいる人は少なくありません。
特に歯並びの悩みは人によって異なりやすい悩みです。
しかし出っ歯や受け口は、整形や矯正で改善できます。

出っ歯や受け口が治れば口元の印象が変わりますが、具体的にどのような整形・矯正をするのでしょうか。
気になる費用や失敗しないためのポイントについても詳しく解説します。

出っ歯は整形で治すことができる

出っ歯は整形で治すことができます。
通常、出っ歯を治すにはワイヤーなどの矯正器具を使いますが、整形でも治すことが可能です。

長い時間をかけずに出っ歯が改善するため、短期間で出っ歯を治したい人や矯正器具で治らなかった人にもおすすめの方法です。

出っ歯の整形は昔から行われている手術なので、安全で確実に効果を上げることができます。
同じ出っ歯でも1人ひとり歯の状態が違うので、専門医が歯や顎の状態を診断してその人に合った方法で行います。

出っ歯の整形と矯正の違い

出っ歯の整形と矯正は、どのように違うのでしょうか。
ここではそれぞれの違いについて紹介します。

整形で出っ歯を治す方法

出っ歯は上の前歯が出ているために、口が完全に閉じることが難しい状態を指します。
ひどくなると、笑ったときに上の前歯の歯茎まで露出してしまうので、特に女性にとっては大きな悩みの原因です。

このような歯の状態は、外科的な手術によって改善することができます。
具体的には手術によって切開、剥離、骨切りなどを行いますが、上の歯を抜いてできたスペースに顎の骨を入れることもあります。

矯正で出っ歯を治す方法

矯正で出っ歯を治す方法矯正で出っ歯を治すのは、昔から行われているワイヤーを使った方法と、マウスピースを使ったものがあります。
ワイヤーを使うと目立つため、人目を気にしてつけたがらない人も少なくありません。
そういう人には、透明なマウスピース型の矯正器具がおすすめです。

最近では白いワイヤーもあるので、ワイヤーでも目立たず装着することができるようになっています。
また、ワイヤーを歯の裏側に装着する矯正方法もあるので、人に知られることなくワイヤー矯正することも可能です。

出っ歯の整形で口元の印象も変わる

出っ歯を整形すると口元の印象が良くなります。
矯正したいと考えている人は少なくありません。

また出っ歯の人は口がうまく閉じられないために、口の中が乾きやすくなります。
口の中には雑菌が多いのですが、唾液に殺菌作用があるため、常に口の中が唾液で濡れていれば問題ありません。
ところが出っ歯だと唾液が乾いてしまうため、口の中で雑菌が増殖します。
こうなると虫歯や歯周病などにかかりやすくなるので、口内健康のためにも出っ歯は治療はおすすめです。

出っ歯の整形で失敗することはあるのか

治療したい日とは多いものの治療のリスクは気になるものです。
出っ歯の整形で失敗することはあるのでしょうか。
ここでは失敗するケースについて紹介します。

出っ歯の整形の失敗例

出っ歯の整形の一つであるセットバックに向いているのは、上顎の骨格が前に出ている人です。
同じ出っ歯でも、ただ単に上の前歯が大きくせり出しているだけだと、歯科矯正でも直すことができます。

セットバックの失敗例として、神経麻痺が起こる可能性があげられます。
施術中にメスが顔の神経に当たって起こるもので、術後に痺れや顔がつっぱるような感覚が生じることがあります。
さらにひどい症状になってしまうと、顔全体が麻痺や知覚過敏になることもあります。

また、手術後顔にたるみが出ることもあるでしょう。
セットバックでは抜歯してスペースを作り、顎骨を後退させますが、その分だけ顔の皮膚が余ってしまうことが原因です。

出っ歯の整形に失敗しないためのポイント

出っ歯の整形に失敗しないためには、信用できる医師にお願いすることが大切です。
特に大掛かりな手術となるセットバックの経験には豊富な医師に手術してもらうようにしましょう。

また、顔のたるみが出ないようにするには、たるみが出ない範囲でセットバックを行うことが必要です。
どの程度セットバックするかについては、あらかじめ医師と相談しておくといいでしょう。

セットバックによる失敗を避けたいなら、セットバック以外の出っ歯の治療法を検討することも検討しましょう。
手術には多少なりともリスクが伴います。
セットバックはあくまでも一つの方法として検討しましょう。

出っ歯の整形にかかる費用

出っ歯の整形には、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。
出っ歯は上の前歯が前にせり出している状態です。

出っ歯には上顎そのものが前に出ている場合と前歯だけがせり出しているケースがあります。
前歯だけ出ている場合は特に整形の必要はないため、矯正器具を使えば改善を見込めるでしょう。

もし上顎が出ている場合は、顎の骨を削って抜歯した部分を後退させる上顎分節骨切り術の必要があります。
手術にかかる時間は1~2時間程度で済みますが、場合によっては手術後2~3日程度の入院が必要になることもあります。

上顎分節骨切り術の整形費用は、約35万円~160万円です。
費用にかなりの幅があるのは、上顎の状態によって手術の難易度が変わるためです。

出っ歯の整形でモニター制度を受けることができる可能性もあり

出っ歯の整形にはモニター制度があり、これを受けると整形費用が無料になる場合もあります。
ただし、モニターには条件があり、審査を通過した人だけが受けられます。

モニターになるには、施術中の写真や動画の撮影への同意が必要です。
また撮影された写真や動画は、その医院のホームページや動画サイトなどで公開される可能性があります。

できるだけ個人が特定されないように、口元だけを撮影するなどの配慮がされますが、それでも特定される可能性がないとも限らないでしょう。

(まとめ)出っ歯は整形・矯正で治療が可能!受け口など口元の印象も変えられる

1.出っ歯は整形で治すことができる

出っ歯を治すには、ワイヤーなどの矯正器具を使うのが一般的ですが、整形でも治すことが可能です。
すぐに出っ歯を治したい人や矯正器具で治らなかった人は整形で治しましょう。
出っ歯の整形は昔から行われているので、安全かつ確実性の高い手術です。

2.出っ歯の整形と矯正の違い

出っ歯は上の前歯が出ているために、口が完全に閉じにくい人も多いでしょう。
症状がひどくなると笑ったときに前歯や歯茎まで露出してしまいます。
このような歯の状態でも外科的な手術で治せます。

一方矯正で出っ歯を治す方法は、昔から行われているワイヤーやマウスピースを使う方法です。
しかし、ワイヤーを使うと目立つため、人目が気になることも多いようです。

そういう人には、透明なマウスピース型の矯正器具がおすすめです。
透明なので、ほとんどつけていることがわかりません。

また、目立たない白いワイヤーや歯の裏側に装着する矯正方法もあります。
この方法であれば人目につかずにワイヤー矯正することも可能です。

3.出っ歯の整形で口元の印象も変わる

出っ歯を整形すると口元の印象を改善することができるでしょう。
見た目が良くなれば、その分自信や気持ちにもつながります。

4.出っ歯の整形で失敗することはあるのか

セットバックの失敗例として、神経麻痺が起こる可能性があげられます。
施術中にメスが顔の神経に当たって起こるもので、術後に痺れや顔のつっぱりを感じる場合もあります。

648
Return Top