湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

出っ歯だと無呼吸になりやすい?その関係性は?

出っ歯だと鼻呼吸が困難になるので無呼吸になることがあります


無呼吸の中でもよく知られているのが睡眠時無呼吸症候群だと思いますが、出っ歯の場合にはどうしても口呼吸になりがちになるのでいきなり無呼吸の状態に陥ることがあります。

また、換気率が悪くなるという言い方もされ、数秒間呼吸が停止していることもあります。

出っ歯だと危険な無呼吸になる確率が高くなるので、通常の場合よりも注意しておくべきなのです。

睡眠中に呼吸が止まる原因は2つあります

無呼吸は主に睡眠時に起きているものです。

目が覚めて活動しているときに無呼吸になることは少ないでしょう。

この無呼吸の中でも有名なのが睡眠時無呼吸症候群ですが、原因は主に2つ挙げられます。

閉塞性睡眠時無呼吸

こちらは喉や気道が塞がることで無呼吸状態に陥ってしまうものです。

実は睡眠時無呼吸症候群の中の約9割がこの閉塞性睡眠時無呼吸だと言われています。

原因は首や喉に脂肪がつくことや気道や喉が狭くなることが挙げられます。

中枢性睡眠時無呼吸

こちらは脳も関係して無呼吸に陥る状態になります。

脳から呼吸の指令がでなくなることで呼吸が一時的にできなくなります。

この中枢性睡眠時無呼吸症になる人は数%と言われています。

このように無呼吸にも2つの種類があり、原因がそれぞれ異なるのです。

出っ歯から起きている無呼吸の種類についても調べてみて、対策をとるようにしたいものです。

無呼吸は自分ではわからないときに起こっているので真相を知ることが困難ですが、知識は得ておきたいですね。

出っ歯で口呼吸になることが無呼吸を招きます


出っ歯から口呼吸になることで無呼吸になることがあると最初に述べましたが、ここではもう少し詳しく解説しましょう。

出っ歯になると口が開いていることが多くなり、自然と口で呼吸するようになります。

口を閉じた鼻呼吸ができなくなり、気がついた時には口呼吸になっているのです。

この口呼吸が無呼吸を招く要因となります。

眠っている時に起こりやすい無呼吸は、出っ歯だと下顎が後ろの方に引っ込んでしまうことでなりやすいです。

顎が下がっていくことでうまく呼吸ができなくなり、気がついたら無呼吸状態になっていることがあります。

無呼吸は命に関わる危険性も出てくるので、出っ歯の場合には正常な歯並びの状態よりも注意する必要があります。

肥満体型の人が無呼吸を起こしやすいと言いますが、それだけでなく出っ歯という歯並びの状態によっても起きることがあるので気をつけましょう。

眠っている時に無呼吸になっていないかチェックする方法をぜひ試してもらいたいです。

無呼吸になっているかをチェックする方法もあります

出っ歯によって無呼吸になる確率が高くなるということですが、ではこの無呼吸を自分で気づくにはどうしたら良いのでしょうか?
チェックリストを用意したので、当てはまる点がないか確認してみてください。

  • 睡眠中にいびきをかいている
  • 眠っている時に呼吸が止まっていると指摘されたことがある
  • 昼間に眠くなることがある
  • 体型が前より変わって肥満になった
  • 朝起きた時に頭痛などを感じてすっきりしない

まずはこの5つの点をチェックしてみましょう。

自分でチェックできるところもあれば、誰かに見てもらわないとわからないところもあるので一緒に寝ている人にも聞いてみましょう。

特に出っ歯がひどいという人はすでに無呼吸になっている可能性が高いです。

早急に睡眠時の様子を確認して、無呼吸であるかどうかを確かめましょう。

すでに口呼吸になっていると自覚している場合には無呼吸になっているかもしれません。

(まとめ)出っ歯だと無呼吸になりやすい?その関係性は?

1.出っ歯だと鼻呼吸が困難になるので無呼吸になることがあります

出っ歯であるために起こりやすい無呼吸は、口呼吸になってしまうために起こりやすくなるものであり、換気率が悪くなり無意識のうちに呼吸が停止していることもあります。

自分で気づくのが難しいので、出っ歯を早く改善するのが優先となるでしょう。

2.睡眠中に呼吸が止まる原因は2つあります

無呼吸には閉塞性睡眠時無呼吸症と中枢性睡眠時無呼吸の2種類があり、多くが閉塞性睡眠時無呼吸症です。

喉や気道に原因があって無呼吸になっている可能性が高いので、自分の無呼吸の原因を探ってみましょう。

3.出っ歯で口呼吸になることが無呼吸を招きます

出っ歯になるとどうしても口呼吸になってしまいます。

この口呼吸によって顎が後ろに下がってしまいきちんと呼吸ができなくなり、一時的に無呼吸状態に陥ります。

命に関わる症状でもあるので、出っ歯の場合は無呼吸になっていないか注意しておきたいです。

4.無呼吸になっているかをチェックする方法もあります

出っ歯によって起こりやすい無呼吸はチェックすることができます。

眠っている時のいびきの状態や起きた時の状態、昼間の様子なども見てみましょう。

誰かと一緒に寝ている時には自分の呼吸状態を見てもらえると思うので、ぜひ確認してもらいましょう。

1827
Return Top