湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

出っ歯を治したい!抜く治療法もあるの?

出っ歯を治す際に抜く行程が必要になることもあります


出っ歯を治療する方法として定番になっているのが矯正ですが、矯正器具を装着する前に歯を抜いて調整することがあります。

歯を抜いてから矯正を始めないと器具がうまく装着できないことがあるからです。

矯正にも種類がありますが、出っ歯の治療では歯を抜くことになると思っておいた方がよいでしょう。

歯を抜くことで出っ歯の治療がスムーズになります

出っ歯の場合は矯正をして治していく手段を用いることが多いです。

この矯正器具をしっかり装着するために抜歯が必要なのですが、抜歯をして正しく装置をつけることができれば一定期間矯正を続けることで出っ歯はきれいに治ります。

歯を抜かずに矯正をするとなると器具が正しくつけられないことがあります。

出っ歯になっているために器具がつけられないという状況では、出っ歯を治すための矯正器具に意味がなくなってしまうのでそのために抜歯が必要なケースがあります。

しかし、大事な歯を抜いて器具をはめた分、気になる出っ歯はきれいに治ってくれます。

出っ歯の治療には矯正を用いますが、矯正にも種類があります。

出っ歯の状態や一人ひとりの要望に合わせてよりふさわしい矯正を選択していきます。

抜歯は辛いですが、出っ歯を治すためには避けては通れない道になることもあるのです。

抜歯をしても出っ歯がきれいに治るのならという前向きな考え方で捉えていただけるとよいでしょう。

歯を抜かなくて済むケースもあります


出っ歯の治療法は上で説明した方法が矯正器具を使用したもので一般的になっていますが、歯を抜かずに治療ができる場合もあります。

それは、出っ歯の度合いがそこまでひどくなっていない時です。

出っ歯が前から見ても横から見ても明らかにひどい状態だと抜歯をして器具をつけていくしかありません。

しかし、出っ歯が悪化していない、ちょっと前歯が出ているかなという程度での治療なら歯を抜かずに器具をつけられます。

歯を抜くか抜かないかは、その人の出っ歯の度合いによっても異なってきます。

矯正では必ず歯を抜かないといけないと思っている人が多いかと思いますが、まずは出っ歯の状態を診察してもらって相談してみましょう。

前歯だけでなく下の歯も出てきている場合には、口元を引っ込めるために抜歯は必須となってくるでしょう。

出っ歯の状況に応じて抜歯があるかどうかということになります。

場合によっては抜かずに矯正ができることもあるので知っておきましょう。

ほかの治療方法も検討してみましょう

歯並びによっては、どうしても矯正にあたって歯を抜かなければならないケースはあります。

矯正の方法はいくつもあるため、自分の理想とする歯に一番近くなれる方法を選びましょう。

なかでも治療の終了までが早く、見た目が美しいのがセラミック矯正です。

セラミック矯正は、出っ歯が気になる前歯を削り、その上にクラウンとよばれるかぶせものをすることで歯の形を変えます。

ワイヤーを使ったブラケット矯正の場合、治療期間中はワイヤーの見た目が悪いことと、完治には2年以上かかるのが難点です。

しかし、セラミック矯正であれば、治療は1年もかからずに終了します。

早ければ2ヶ月ほどで出っ歯をきれいに治療することができるでしょう。

さらに、歯を削った後は、すぐに仮歯をかぶせます。

治療後のイメージが湧きやすいうえ、仮歯の状態ですでに見た目は改善されるので、治療期間中はほとんど意識しなくて済むでしょう。

また、歯の色や形も変えることが可能です。

場合によっては抜歯が必要になることは変わりませんが、メリットとデメリットをよく考慮したうえで治療に臨みましょう。

(まとめ)出っ歯を治したい!抜く治療法もあるの?

1.出っ歯を治す際に抜く行程が必要になることもあります

出っ歯を治すために歯を抜くことは避けられない場合があります。

出っ歯の状態によって矯正器具をきちんとつけられるように歯を抜いて調整していきます。

歯を抜くことが負担になる場合もありますが、出っ歯の治療には必要な施術となっています。

2.歯を抜くことで出っ歯の治療がスムーズになります

歯を抜いて矯正器具をはめることで出っ歯の治療は効率よく進められます。

反対に抜歯をせずに矯正器具をはめようとすると無理があって、治療が進められなくなります。

抜歯が必要だと判断された場合には、歯科医を信じて頼ってもらいたいと思います。

3.歯を抜かなくて済むケースもあります

出っ歯の治療法は必ず歯を抜かないとできないのではと不安になりますが、出っ歯がひどくなければ抜かずに矯正器具を装着できます。

よって、すべての出っ歯治療において抜歯をしないといけないということはありません。

4.ほかの治療方法も検討してみましょう

歯の状態によって、どうしても抜歯が必要になってしまうことはあります。

大切な歯のことですから、治療方法はよく考えて決めるようにしましょう。

セラミック矯正は、期間も短く美しい仕上がりになるため、見た目重視の方におすすめです。

7804
Return Top