湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

出っ歯治療のワイヤー矯正とは?

ワイヤー矯正は特殊な器具を使って出っ歯を正しい位置に戻す治療法です


ワイヤー矯正はブラケットという器具を歯に取り付けることで、歯の位置を調整する方法です。

特殊なワイヤーの力で歯に圧力をかけ、前に突き出た歯を少しずつ本来あるべき位置に戻していきます。

噛み合わせが原因で出っ歯になってしまった方の矯正にも用いられています。

ワイヤー矯正では元の歯をほとんど削らずに出っ歯治療ができます

ワイヤー矯正を行う上で、特に良いと言われるポイントが元の歯を削る必要がほとんどないという点です。

それはそもそもワイヤー矯正が『本来収まるべきスペースに歯の位置を戻す』という治療法であることからも分かります。

人間の歯は食べ物を噛み切ったりすりつぶしたりできるよう、上の歯は下に向かって、下の歯は上に向かって規則正しく生えるようにできています。

しかし骨格や噛み方のクセなどによって歪みが生じ、あるべき場所から歯がずれてしまうことがあるのです。

ですから例えば前歯が大きすぎて収まるスペースが取れず、綺麗に出っ歯を治すためには歯を削ることが必須である、なとどいう場合を除いて歯を削らずにワイヤー矯正は行えるとされています。

もちろん歯を削ることそのものが悪いというわけではありません。

歯の形状や生え方によっては、削ることや抜歯することが出っ歯の矯正に必要なこともあります。

しかしやはり後々のことを考えると、削る必要のない健康な歯なのであれば、そのままの状態を保持しておきたいものです。

できるだけ自分の歯を削らずに出っ歯を矯正したい、という方にとってワイヤー矯正はとても良い治療法だとも言えるでしょう。

時間をかけて少しずつ前歯の位置を整えます


歯医者に通ったことがある方であればピンと来るかも知れませんが、歯の治療にはそれなりの時間がかかります。

それはもちろん出っ歯をワイヤー矯正する場合でも同じです。

治療にかかる期間は人によって異なりますが、短い方なら2年~3年、長い方で5年ほど必要だと言われています。

今すでに生えている大人の歯を、出っ歯だからと言っていきなり治すことはとても困難です。

他の歯が出っ歯に影響を与えていることもあり、その状態をワイヤー矯正によって解消することで治療していきます。

試しに自分の歯をぐっと押してみたとしても、痛いばかりで位置が動くことはありません。

そこを毎日少しずつ少しずつ矯正器具で力を加え、出っ歯を修正していくのがワイヤー矯正です。

そう考えると時間がかかることにも納得がいきます。

いざ出っ歯を矯正しようと考えた時に、そんなに時間がかかるものなのかと驚かれるかも知れませんか、このような理由があることを覚えておくといいでしょう。

またブラケットを外した後、歯の位置を安定させるために、リテーナーという取り外し可能な器具を装着します。

こちらも様子を見ながら1年半程度は使用する方が多いようです。

出っ歯を放置していると危険です

出っ歯の状態を放置しておくとどうなるのでしょうか。

まず皆さんが口を揃えておっしゃるのが、笑顔に自信がもてないという点です。

そして出っ歯のせいで口が閉じづらく、口呼吸になることで口の中の乾燥やウイルスが入りやすいなどのリスクも高くなります。

口呼吸で口腔内が乾燥するということは、当然前に出ている歯も乾燥しやすくなります。

そうすると食事などで一度溶けた歯がもう一度固まる再石灰化を行えず、虫歯になってしまうこともあります。

前歯周辺の歯茎が乾燥することで歯周病になる可能性も高くなってしまいますし、しっかり口が閉じられる、前歯が口腔内に収まるというのは歯の健康のためにも非常に大切なことです。

このような様々な危機を回避するためにも、出っ歯治療は重要な意味を持っているのです。

大人になってからの出っ歯治療では、すでに骨もしっかり成長して固まっているため、ワイヤー矯正や歯を削ってセラミックを被せる方法を利用する方が多くいらっしゃいます。

ワイヤー矯正のみで出っ歯を治すことも可能ですし、歯の形や大きさを整える必要がある場合は、ある程度ワイヤーで矯正した後セラミックで見た目を美しく仕上げることもあります。

(まとめ)出っ歯治療のワイヤー矯正とは?

1.ワイヤー矯正は特殊な器具を使って出っ歯を正しい位置に戻す治療法です

ブラケットを歯に取り付けることで、徐々に歯の位置を正しい場所へ戻していきます。

噛み合わせが悪い方など、他の歯の方向が原因で出っ歯になっている方にも使われる治療法です。

2.ワイヤー矯正では元の歯をほとんど削らずに出っ歯治療ができます

ワイヤー矯正では出っ歯が本来の位置に戻れるよう治療を行うため、元の歯の形状や生え方によっては歯をあまりけずらずに治療が受けられます。

自分の歯をできるだけ温存したいと思う方に良い治療法です。

3.時間をかけて少しずつ前歯の位置を整えます

ワイヤー矯正で出っ歯を治療する場合、人によって異なりますが大体の方が2年~5年程度の時間をかけられています。

矯正が完了した後も歯を安定させるためにリテーナーの装着を行う必要があります。

4.出っ歯を放置していると危険です

出っ歯を放置すると口腔内や前歯、前歯周辺の歯茎が乾燥しやすくなり、様々な影響が出る可能性が高くなってしまうと言われています。

そのようなリスクを下げるためにも、ワイヤー矯正で治療される方が多くいらっしゃいます。

1381
Return Top